【花園】2021年度全国高校ラグビー「全出場校」

花園ラグビー場

第101回 全国高校ラグビー大会「花園」出場校

第101回全国高校ラグビー大会「花園」は2021年12月27日(月)に開幕する。

組み合わせ抽選会は12月4日(土)に行われ、出場校51校の対戦が決定する。

3連覇を目指す桐蔭学園(神奈川)と昨年準優勝の京都成章も出場を決めた。

初出場は倉敷(岡山)、専大玉名(熊本)、読谷(沖縄)の3校。

Aシード校は桐蔭学園、東海大仰星、東福岡の3校、Bシードは国学院栃木、流経大柏、国学院久我山、京都成章、常翔学園、大阪桐蔭、御所実業、石見智翠館、佐賀工、長崎北陽台にて決定。

今年もコロナ禍での難しい状況での開催となるが、高校生ラガーマンの熱いプレーに期待をしたい。

2021年度花園出場校

地区 出場高校 回数
北北海道 旭川龍谷 4年連続6回目
南北海道 札幌山の手 4年連続20回目
青森 青森山田 3年連続3回目
岩手 黒沢尻北 2年連続7回目
宮城 仙台育英 26年連続28回目
秋田 秋田工 2年連続69回目
山形 山形中央 4年連続28回目
福島 磐城 10年ぶり18回目
茨城 茗渓学園 10年連続27回目
栃木 国学院栃木 22年連続27回目
群馬 桐生第一 2年ぶり3回目
埼玉 昌平 2年連続3回目
千葉 流経大柏 27年連続29回目
東京1 国学院久我山 4年ぶり42回目
東京2 目黒学院 2年連続20回目
神奈川 桐蔭学園 7年連続20回目
山梨 日川 16年連続51回目
長野 飯田 2年ぶり10回目
新潟 開志国際 2年連続2回目
富山 富山第一 3年連続13回目
石川 航空石川 17年連続17回目
福井 若狭東 6年連続33回目
静岡 聖光学院 2年ぶり7回目
愛知 中部大春日丘 9年連続11回目
岐阜 関商工 4年連続41回目
三重 朝明 10年連続12回目
滋賀 光泉 3年連続11回目
京都 京都成章 8年連続14回目
大阪1 常翔学園 7年連続40回目
大阪2 東海大仰星 3年連続21回目
大阪3 大阪桐蔭 2年ぶり15回目
兵庫 報徳学園 6年連続47回目
奈良 御所実業 3年連続14回目
和歌山 近大和歌山 2年ぶり3回目
鳥取 米子工 4年連続11回目
島根 石見智翠館 31年連続31回目
岡山 倉敷 初出場
広島 尾道 15年連続16回目
山口 大津緑洋 2年連続31回目
香川 坂出第一 3年連続4回目
徳島 城東 5年連続15回目
愛媛 松山聖陵 3年連続6回目
高知 高知中央 3年連続7回目
福岡 東福岡 22年連続32回目
佐賀 佐賀工 40年連続50回目
長崎 長崎北陽台 4年連続20回目
熊本 専大玉名 初出場
大分 大分舞鶴 3年ぶり58回目
宮崎 高鍋 11年連続29回目
鹿児島 鹿児島実 2年連続21回目
沖縄 読谷 初出場