【ラグビーW杯】日本vロシア戦試合結果。日本が30-10で勝利!BPも獲得

W杯日本vsロシア

日本vsロシア戦試合結果。日本が30-10で勝利!BPも獲得

2019年9月20日、東京スタジアム(味スタ)でアジア初のワールドカップが開幕した。

試合前に行われたオープニングセレモニーでは日本の伝統とテクノロジーが融合した演出が世界に発信。

W杯日本大会名誉総裁の秋篠宮皇嗣殿下が開会宣言しW杯がスタートした。

開幕戦のカードは日本代表vsロシア代表戦。

W杯独特の緊張感と高揚感の中、キックオフのホイッスルが鳴った。

前半、日本はミスからロシアに先制トライを許すなど苦戦

日本はキックオフのボールをクリーンキャッチできず、後方にいたNo8姫野和樹も対応できずにノックオン。

さらにFBトゥポウも立て続けにノックオン、ボールをロシアに拾われ先制トライを許した。

前半11分、日本はラインアウトからFWがアタック、BKに展開するとCTBラファエレのナイスパスからWTB松島幸太朗がトライ。

SO田村優のゴールキックは外れたものの5-7とした。

その後、試合はキック合戦に。

しかし、両チーム共にハンドリングエラーなどでチャンスを作れず。

34分には松島がインゴール右隅にトライをしたかに見えたもののTMOの結果、トライは認められずノックオンの判定に。

その後もロシアゴール前で攻め続ける日本。

38分にラインアウトからFW/BKが一体となってアタックを継続、最後は大外にいた松島がトライ。

日本の選手は浮き足立ち本来のプレーができなかったが、12-7と逆転し前半を終えた。

後半、日本は本来の力を発揮しロシアを突き放す

後半スタート、姫野が強気のランなどで攻め込み日本ペースに。

後半開始早々に日本はロシアゴール正面でペナルティを得ると、田村のPGで15-7とした。

6分、ハーフウェイライン付近でFLラブスカフニが相手ボールをタックルしながら奪い、そのまま50m走り切ってトライ。

日本は20-7とロシアをリードした。

その後、ロシアにゴール前まで攻め入られるも、ラブスカフニのジャッカルでピンチを脱出。

後半中盤にロシア、日本共にPGを追加しスコアは23-10に。

この日、味スタが一番盛り上がったのは後半28分。

SH田中史朗がタッチライン際のスペースに蹴り込んだボールをロシアの選手がキックで中途半端に蹴り返す。

そのボールをCTBラファエレがキャッチすると右に展開。

その動きにロシア選手はついて行けず、最後は松島がハットトリックとなるトライを決め、勝負を決めた。

日本は緊張感溢れる開幕戦を30-10で勝利し、4トライ以上とれば与えられるボーナスポイント1点を含む「勝点5点」をゲット。

自国開催のワールドカップで好スタートを切った。

【ハイライト動画】日本代表vロシア代表

ラグビー日本代表W杯2019(公式)新ジャージ
created by Rinker
ラブスカフニ

日本vsロシア戦(@東京)の日本代表選手採点と評価

2019年9月21日
ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合日程と会場、対戦組み合わせ、結果」

2017年11月2日