サム・ホワイトロック(NZ代表)がパナソニックに入団!

サム・ホワイトロック

サム・ホワイトロック(NZ代表)がパナソニックへ

NZ代表オールブラックスで108キャップ、スーパーラグビーの強豪クルセイダーズで136キャップを保有する超大物が日本でプレーする。

パナソニックはサム・ホワイトロックの入団を発表、2020年1月に始まる2019年シーズンにトップリーグでその姿を見ることができる。

サム・ホワイトロックは身長203cm、体重115kgの30才でポジションはLO。

大柄ながら運動量が豊富でセットプレーでも核として活躍、オールブラックスで共にプレーするブロディー・レタリックらと世界トップのLOを争う選手だ。

NZ代表では2011年、15年のW杯連覇のメンバーにもなった。

現在、NZ代表の主将はキアラン・リードが務めているが、W杯で代表を引退するリードの次の主将はホワイトロックが最有力とされている。

パナソニックは合わせてハミッシュ・ダルゼル(201cm/113kg/LO)も獲得。

パナソニックは2018年シーズン終了後に20名が退団したが、それを上回る補強で王者神戸製鋼に挑む。

サム・ホワイトロック(Sam Whitelock)

ラグビーNZ代表

オールブラックスが最強であり続ける理由

2018年9月14日
ハカ

ハカ(NZ代表オールブラックス)の歴史と種類。なぜラグビーの試合前に踊る?

2018年9月16日