トップリーグ歴代シーズン入場者数。2018年の観客動員は1開催平均「5153人」

メインスタンド

2018年度トップリーグの観客動員は平均で5,153人

トップリーグは2018-19シーズン120試合の総入場者数(観客動員)を発表した。

結果は1開催平均「5,153人」、総入場者は「458,597人」で、目標に掲げていた「総入場者50万人」を下回る結果に。

前年度2017-18シーズンの1開催平均5,688人、総入場者466,446人にも及ばず、W杯前年ながら、その機会を活かすことはできなかった。

なお「1開催」となっているのは、秩父宮等で2試合を行った場合は多い方の数字を採用しているため。

総入場者458,597人を全120試合で割った「1試合平均」は「3,821人」になる。

J2の平均観客動員は1試合7,049人(2018年)

人気面ではJ2にも遠く及ばないのが現状だ。

最多は9/1トヨタvsサントリー戦(@トヨタ)の「3万1,332人」、最少は12/15コーラvs豊田織機戦(@金鳥)の「736人」だった。

トヨタvsサントリーの3万1,332人はトップリーグの歴代最多入場者の記録となったが、トヨタ社員や関係者の「動員」によるものが大きい。

ただでさえラグビー人口は大きく減少している(過疎化が進む高校ラグビー

トップリーグは2020年度からH&Aなどを導入する「新リーグ」へ移行するとしているが、この改革が中途半端なものになった場合「日本ラグビーの終わりの始まり」になる可能性も。

「ラグビー人気は2019年W杯がピークだった」とならないよう、トップリーグの大胆な改革が求められる。

トップリーグの歴代観客動員は以下の通り。

トップリーグ歴代入場者数

シーズン 平均 総入場者数
2018 5,153 458,597
2017 5,688 466,446
2016 5,059 460,364
2015 6,470 491,715
2014 4,719 396,421
2013 4,300 365,491
2012 4,960 362,068
2011 4,768 338,543
2010 4,762 347,612
2009 4,784 349,243
2008 5,202 384,954
2007 4,770 319,566
2006 4,684 295,107
2005 3,610 187,717
2004 4,546 209,140
サントリー

ラグビー「トップリーグ」2019年、2020年日程のまとめ

2017年10月21日