ハカ(NZ代表オールブラックス)の歴史と種類。なぜラグビーの試合前に踊る?

ハカ

ハカ(ラグビーNZ代表)について

「がんばって、がんばって、ゴー!」

ラグビーを普段観ない方でも黒色のジャージを身にまとったラグビーNZ代表「オールブラックス」の踊り「ハカ」を一度は目にしたことがあるのではないだろうか?

これは「頑張って」と言っているのではなく、NZ先住民族のマオリ語で「Ka mate(私は死ぬ)」を表す。

彼らがテストマッチの前に踊るハカは一度観ただけで、その勇ましさと迫力で記憶に残るはずだ。

オールブラックスは圧倒的な強さに加え、ハカを踊ることで他の代表チームとは異なる特別な存在になっている。

2019年のラグビーワールドカップ日本大会でオールブラックスはW杯3連覇を目指す。

日本で生のハカを観るチャンスが何度も訪れる。

そこで、ここではNZの文化や歴史に深く関係している「ハカ」を知るべく、ポイントをまとめてみた(ABsの強さの理由を知りたい方はこちら

ハカ(Haka)について

NZやトンガ、フィジー等、オセアニア地域の先住民族は戦いの前に戦意高揚や相手を威嚇するため「ウォークライ(War Cry、戦いの叫び)」という踊りを行っていた。

NZの先住民族「マオリ族(Maori)」のウォークライを「ハカ(Haka)」と呼ぶ。

NZではマオリの文化を学び継承するために小学校などでハカを覚え、結婚式、お葬式、歓迎式など特別な行事の際にハカが披露される。

ハカを声で先導するリード役はマオリの血を引いた選手が担当するのが慣例となっている。

現在のオールブラックスではTJ・ペレナラ(下写真の選手)が務める事が多い。

なお、マオリの血を引き継ぐ選手の多くはタトゥーを入れているが、これはマオリ族の慣習によるもの。

TJ・ペレナラ

オールブラックスのハカは2種類

ハカは多くの種類があり、NZのスーパーラグビーの各チームもオリジナルのハカを持っている。

オールブラックスのハカは「カマテ(Ka Mate)」と「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」の2種類ある。

カマテは1905年に始めて披露され、以降オールブラックスに試合前の儀式になった。

一時期、ハカの存在価値が問われ、ハカを試合前に披露するべきかチーム内で議論に。

オールブラックスの意味を再確認するため、2005年に新たに作ったのがカパオパンゴだ。

歌詞にはオールブラックスの意味するところが歌詞に含まれている。

テストマッチの前にはこの2つのどちらかが披露されるが、非常に重要な試合の際はカパオパンゴ、その他の試合はカマテとなることが多い。

「カマテ(Ka Mate)」動画と歌詞・意味

Taringa Whakaraong!
(よく聞け!)
Kia rite!Kia rite!
(準備しろ!)
Kia mau hi!
(強く握れ!)
Ringa ringa pakia!
(手を叩け!)
Waewae takahia kia kino nei hoki Kia Kino hei hoki!
(強く足を踏み鳴らせ!)

Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)
Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)
Tenei te tangata puhuruhuru
(見よ、この勇気ある者を)
Nana nei i te tiki mai,
(ここにいる毛深い男が)
Whakawhiti te ra!
(再び太陽を輝かせる!)
A upane! ka upane!
(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
A upane, ka upane
(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)
Whiti te ra!
(太陽の光の中へ!)
Hī! (昇れ!)

「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」動画と歌詞・意味

Taringa Whakarongo!
(よく聞け!)
Kia Rite! Kia Rite! Kia Mau!Hi!
(準備して並べ!)

Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!
(オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!)
Hi aue ii!
(今だ!)
Ko Aotearoa e ngunguru nei!
(鳴動する我らの国よ!)
Au, au aue ha!
(今こそ、我が奮起する時!)
Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!
(それこそが我らをオールブラックスたらしめる!)
Au, au, aue ha!
(今こそが その時だ!)
I ahaha!
(輝く時だ!)
Ka tu te ihiihi
(我々が支配し)
Ka tu te wanawana
(その優位は偉大なる勝利となり)
Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !
(敬われ高く掲げられる)
Ponga ra!
(シルバーファーン!)
Kapa O Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)
Ponga ra!
(シルバーファーン!)
Kapa o Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)

マオリオールブラックスとスーパーラグビーチームのハカ

ここからはNZに本拠地を置くチームのハカや話題となったハカを動画でご紹介。

「マオリオールブラックス」とはNZでマオリの血を引く選手で構成されるチーム。実力的には世界のTOP5に相当する。

マオリオールブラックス「Timatanga(ティマタンガ)」

ブルーズ「He Toa Takitini(ヘ・トア・タキティニ)」

クルセイダーズ「Takina Te Kawa(タキナ・テ・カワ)」

チーフス「He Toa Takitini(ヘ・ピコ・タニファ)」

ラグビー界の英雄「ジョナ・ロムー」に捧げるハカ

結婚式でのハカ

アウェイでの大ブーイングの中のハカ

イングランドvsNZ(Twickenham Stadium)

ウェールズvsNZ(Millennium Stadium)

ウォークライ

ラグビートンガ代表、サモア、フィジーのウォークライ(ハカ)

2018年9月16日
ラグビーNZ代表

オールブラックスが最強であり続ける理由

2018年9月14日