オールブラックスが最強であり続ける理由

ラグビーNZ代表

ラグビーNZ代表オールブラックス(All Blacks)

ラグビーNZ代表はその黒いジャージから「オールブラックス(All Blacks)」と呼ばれ、常に世界のラグビー界の先頭を走り、他国から尊敬され、時には怖れられてきた。

ラグビーを普段観ない方でもオールブラックスが試合前に踊る「ハカ(Haka)」を一度は観たことがあるはずだ。

世の中には多くのスポーツがあるが、オールブラックスほど長年に渡り他国を圧倒してきたチームは存在しないのではないか。

しかもNZは人口僅か470万人の小さな国。

日本でいうと福岡県(511万人)よりも少ない。

同じくラグビーが盛んなイングランドや南アフリカの人口は約5,500万人、フランスは6,700万人。

NZのラグビー人口はこれらの強豪国と比べても少なく、特別体が大きい訳でもない。

ではなぜNZ代表は強いのか?

ここでは、その強さの理由について深掘りしてみた。

NZではラグビーが文化に

ダン・カーター

NZへ行ったことがある方であれば分かると思うが、空港や街中にはオールブラックスの選手が映った巨大な広告が並び、TVをつけると選手がCMに出演しているのを目にする。

2011年にNZでラグビーW杯が開催された際、多くの家の軒先やベランダにNZ国旗ではなく「オールブラックスの黒旗」が掲げられていたのが印象的だ。

NZでは「ラグビーが宗教」と言われるほど圧倒的な人気を誇っている。

NZの男の子の多くは、歩き始めればラグビーボールを手にしてオールブラックスの選手になることを夢みる。

NZを旅行すると、ラグビーのゴールポストが建っている公園や学校でラグビーボールを追いかける少年少女を目にする事もあるだろう。

オールブラックスはNZ人にとって心の拠り所となっており、注目度が高い一方「勝つのが当たり前」のため負けると時に厳しい批判に晒される事も。

NZにおけるラグビーは日本の野球、サッカー、相撲が持つ人気と伝統を合わせたような大きな存在。

オールブラックスがNZのナショナル・アイデンティティの一部になっている。

オールブラックスの「強さ」について

オールブラックスの強豪国(ティア1)との対戦成績

対戦国 試合数 勝率
イングランド 41 33 7 1 80%
フランス 61 48 12 1 79%
オーストラリア 164 114 43 7 70%
南アフリカ 97 58 36 3 60%
ウェールズ 34 31 3 0 91%
スコットランド 31 29 0 2 94%
アイルランド 31 28 2 1 90%
アルゼンチン 28 27 0 1 96%

上表は2018年11月時点の、オールブラックスの「ティア1」と呼ばれる強豪国との歴代対戦成績。

オールブラックスはラグビー発祥国のイングランド、ライバルのオーストラリア、南アも含め全ての国に対して大きく勝ち越している。

世界ランキングは2009年から継続して1位をキープしている。

ワールドカップでの優勝回数はNZが最多の3回、次いでオーストラリアと南アフリカ2回、イングランド1回。

日本代表はこれまでオールブラックスと5回対戦して全敗、ラグビーワールドカップ1995年大会の時には17-145という歴史的大敗を喫し、ラグビー人気低迷の原因にもなった。

また、NZ、南ア、豪、日本、アルゼンチンの計15チームが参加しているプロリーグ「スーパーラグビー」では、NZ勢5チームがここでも他国のチームを圧倒。

NZ勢は23年間で16回もの優勝を勝ち取っている。

なぜオールブラックスは強いのか?

allblacks

オールブラックスが強い理由としては、

  1. ラグビーが圧倒的人気NO.1のスポーツ
  2. 他国からも優秀な選手が流入
  3. 育成システム、コーチング、環境の充実

が主として挙げられる。

NZではラグビーが最も人気のあるスポーツで国民のラグビーに対する熱量も高く、身体能力の高いトップ選手がラグビーを選択する。

2については、主にラグビーが盛んなオセアニア諸国の優秀な生徒に対し奨学金を払ってNZへ受け入れたり、NZでラグビーをすることを夢みて自ら海を渡ってくる選手を意味している。

オセアニア諸国の人々は英語を話し、距離や文化的にもNZに近く、人々の往来も盛んで移住しやすいという背景も。

現在のオールブラックスの選手もこれらの国にルーツをもつ選手が多い。

3の育成・コーチング・環境については日本が学ぶべき点も多そうだ。

NZではオールブラックスから地域協会までがコーチングや育成方法を共有。

その過程で選手のスカウティングも行われ、各年代の代表へと繋がっていく仕組みが出来上がっており、しっかり縦横の連携がなされている。

日本のような軍隊式のきつい練習や上下関係はなく、楽しさを追求、芝生の上で大人に混じって少年がプレーするなんてことも。

コーチングにも定評があり、日本代表HCジェイミー・ジョセフだけでなく、ウェールズ、アイルランド、ジョージア代表など、他国の代表やクラブチームを率いているNZ出身のHCも多い。

オールブラックスだけでなく他カテゴリーのラグビーも強い

NZ代表オールブラックス

オールブラックス(Allblacks)は一般的に15人制ラグビーのNZ男子代表を意味する。

15人制男子だけでなく、全ての年代やカテゴリーにおいて、どのチームも大会で優勝する力を持っている。

オールブラックスとは別に、先住民族マオリの血を受け継ぐ選手で構成される「マオリ・オールブラックス(Maori All Blacks)」はティア1と対戦しても勝つ力があり、W杯に出場してもベスト4に入る実力がある。

ラグビー女子ニュージーランド代表は「ブラックファーンズ(Black Ferns)」と呼ばれ、直近の2017年女子W杯での優勝をはじめ、8回のW杯で5回制覇している。

リオ五輪からオリンピック競技になった7人制ラグビーでは、女子は銀メダル、男子は5位に終わり男子は激しい非難を受けた。

しかし、2018年のワールドカップ・セブンズでは男女共に優勝、東京オリンピックでも金メダルの有力候補だ。

U20NZ男子代表「ベイビーブラックス(Baby Blacks)」は、U20チャンピオンシップで11大会中6大会で優勝。

これらはNZにおけるラグビー選手層の厚さを表している。

現役のオールブラックス選手

ボーデン・バレット(Beauden Barrett)

身長187cm、体重91kg、ポジションはSO、1991年5月27日生まれ。

ダン・カーターの後を継いだNZ代表の司令塔。2016年、2017年にワールドラグビー最優秀選手賞を受賞。

ラン、キック、パス、ゲームメイク全てに優れた選手で自らトライも。詳細はボーデン・バレットの凄さを解説にて。

ブロディー・レタリック(Brodie Retallick)

身長204cm、体重123kg、ポジションはLO、1991年5月31日生まれ。

巨体ながらワークレートも高く、攻守に渡って存在感抜群の世界的なLO。

2014年ワールドラグビー最優秀選手賞を受賞。

リーコ・イオアネ(Reiko Ioane)

身長189cm、体重102kg、ポジションはWTB、1997年3月18日生まれ。

2016年に7人制のNZ代表としてリオ五輪に出場、そして2016年11月に19才でオールブラックスデビュー。

現在は21才ながらすでにNZ代表キャップ22、スーパーラグビー(ブルーズ)も35試合出場しトライを量産、W杯でもトライ王を狙う。

「リーコ」という名前は父エディーが日本のトップリーグ「リコー」でプレーしており、その名にちなんで命名。

オールブラックスの歴史に残るスター選手

オールブラックスはこれまで様々な名選手を輩出してきたが、ここでは記録にも記憶にも残る2選手をご紹介。

ジョナ・ロムー(Jonah Lomu)

身長196cm、体重120kg、ポジションはWTBで19才の時にオールブラックスデビュー。

超ビックサイズながら100mを10秒台で駆け抜ける速さと強さを兼ね備え、相手選手を何人も吹っ飛ばしトライを取るプレーが世界中のファンを驚愕させた。

ワールドカップでは1995年南ア大会、1999年ウェールズ大会で2大会連続トライ王に。

アメリカのNFLチームが約7億円もの大金を積んで獲得に動くなどしたがロムーはNZに留まることを選択、しかし2003年以降は腎臓の病気の手術や怪我で苦しむシーズンを送った。

2007年にラグビー選手を引退、2015年に腎不全にて40年の短い人生に別れを告げた。

リッチー・マコウ(Richie McCaw)

身長188cm、体重108kg、ポジションはFL、1980年12月31日生まれ。

テストマッチ出場記録は世界最多の148caps、ワールドラグビーの年間最優秀選手賞の受賞は3回、NZ代表キャプテンとしてワールドカップでは2011年NZ大会、2015年イングランド大会でチームを連覇に導いた。

選手として優れているのはもちろん、リーダーシップと人間性も抜群で広く尊敬を集めており、NZで最高の栄誉「ニュージーランド勲章(Order of New Zealand)」を35才という異例の若さで受賞した。

2015年W杯後に現役を引退した後はヘリコプターパイロットとして活躍している。

なお、NZ代表の試合をテレビで観戦する方法はJ SPORTSに加入すると、NZ代表の試合だけでなく、NZ代表選手が所属するスーパーラグビーの試合を観戦することができる。

Jスポは2019年W杯日本大会も全試合生中継する。

以上、ラグビーNZ代表「オールブラックス(All Blacks)」の憎たらしいほどの強さとその理由をご紹介した。

9月に日本で開幕するラグビーW杯も当然、NZ代表オールブラックスが優勝候補として来日する。

ぜひその強さと巧さをスタジアムやテレビで体感して欲しい。

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合日程と会場、対戦組み合わせ、結果」

2017年11月2日