ワールドラグビーの2017年度最優秀選手はNZ代表ボーデン・バレット

ボーデン・バリット

ワールドラグビーアワード2017

11月26日にモナコで2017年度にラグビー界で活躍した選手やコーチなどを表彰する「World Rugby Awards2017」が開催された。

年間最優秀選手にはNZ代表ボーデン・バレット(ハリケーンズ)が2年連続で選出、バレットはダン・カーターの後継者としての役割を見事に引き継ぎ、今や誰もが認める世界最高のSOとなった。

最優秀コーチには元日本代表HCで現在はイングランド代表を率いるエディー・ジョーンズが選ばれた。

イングランドは2015年自国開催でのW杯で予選敗退という屈辱を味わったものの、エディーがHCに就任してからは22勝1敗と圧倒的な成績を残している。

2018年11月にはNZ代表とトゥイッケナムでの対戦が予定されており、2018年最大のビックマッチとして注目を集めることになりそうだ。

その他の受賞者は以下の通り。

最優秀新人賞 リーコ・イオアネ(NZ)
年間最優秀チーム 女子NZ代表
最優秀女子選手賞 ポーシャ・ウッドマン(NZ)
最優秀セブンズ選手 ペリー・ベイカー(米)
最優秀女子セブンズ選手 ミカエラ・ブライド(NZ)
最優秀レフリー ジョイ・ネヴィル(IRE)
特別賞 リッチー・マコウ(NZ)

トライ・オブ・ザ・イヤーはアルゼンチン代表FBホアキン・トゥクレットが受賞した。

トライ・オブ・ザ・イヤー2017

ボーデン・バリット(Beauden Barrett)