ラグビーワールドカップ2019日本大会の試合開催地とスタジアムのまとめ

日産スタジアム

ラグビーW杯2019日本大会の試合開催地とスタジアムまとめ

ラグビーW杯日本大会は2019年9月20日に東京・味スタで開幕、11月2日横浜・日産スタジアムで行われる決勝戦まで約1ヶ月半に渡って開催される。

5月にW杯予選プールの組み合わせ抽選会が行われ、日本代表はアイルランド、スコットランドと同じ予選プールAに入った(予選プール組み合わせの詳細はこちら)。

大会の日程や試合会場は11月2日に確定し、2018年初めにチケット販売開始、2018年春以降に各国が練習などを行う公認チームキャンプ地が決定する。

予選と決勝トーナメントが行われる国内12の試合会場については既に決定しており、少なくとも各スタジアムで2試合は開催される予定だ。

ここではW杯の試合が行われる12の開催地とスタジアムをまとめてみた。

ラグビーW杯2019日本大会試合会場(スタジアム)

名称 開催地 形態 収容人数
札幌ドーム  札幌市  多目的ドーム  41,410人 
釜石鵜住居復興スタジアム  釜石市  球技専用  16,187人 
熊谷ラグビー場  熊谷市  ラグビー専用  24,000人 
味の素スタジアム  調布市  陸上競技場  49,970人 
日産スタジアム  横浜市  陸上競技場  72,327人 
エコパスタジアム 袋井市  陸上競技場 50,889人 
豊田スタジアム  豊田市  球技専用  45,000人 
東大阪市花園ラグビー場 東大阪市  ラグビー専用  30,000人 
ノエビアスタジアム神戸 神戸市  球技専用  30,312人 
レベルファイブスタジアム 福岡市  球技専用  22,563人 
大分銀行ドーム  大分市 陸上競技場 40,000人 
えがお健康スタジアム 熊本市  陸上競技場  32,000人 

北は北海道の「札幌ドーム」、南は熊本の「えがお健康スタジアム」まで日本各地で開催される。

釜石復興スタジアムは新設され、熊谷ラグビー場と花園ラグビー場は現在大規模改修中。熊谷ラグビー場はW杯開催時には仮設で6,000席を増席し30,000席となる。

試合数は全部で48試合、W杯組織委員会はトータルの目標来場者数を200万人としている。

この目標を達成するには、1試合平均4万2,000人の観客動員が必要で、全試合をほぼ満席にしなければ達成が難しい。

日本代表の試合会場はどこ?

カテゴリー 収容人数
開幕戦・準決勝・3位決定戦・決勝 60,000人以上
準々決勝 35,000人以上
予選プール(カテゴリーA) 40,000人以上
予選プール(カテゴリーB) 20,000人以上
予選プール(カテゴリーC) 15,000人以上

W杯の試合会場については上記の表の通り、ワールドラグビーが定める条件が適用される。

表中のカテゴリーAは「日本&ティア1同士の国の対戦」、カテゴリーBは「日本&ティア1vsそれ以外(ティア2)の国の対戦、」、カテゴリーCは「ティア2同士の国の対戦」となる。※ティア1、ティア2の詳細はこちら

9月20日の開幕戦は日本代表が味スタで試合を行う。

日本代表のアイルランド戦とスコットランド戦は上記条件に照らし合わせると収容人数が4万人以上の会場となるため、札幌ドーム、日産、エコパ、豊田スタジアム、大分銀行ドームのいずれかとなるが、最も会場規模が最も大きい日産スタジアムでどちらか1試合が開催されそうだ。

せっかくの自国開催のW杯。試合本番の真剣勝負と雰囲気を味わうだけでも、スタジアムで観戦する価値があるはず。近くの試合会場に足を運び、ラグビー最大の祭典を楽しみたい。

ラグビーW杯2019日本大会「全48試合の日程と会場、対戦組み合わせ」

2017.11.02