【書評】五郎丸歩オススメ!〜自分の小さな「箱」から脱出する方法〜

五郎丸歩

自分の小さな「箱」から脱出する方法

書籍名 自分の小さな「箱」から脱出する方法
著者 アービンジャー・インスティチュート
発売日 2006年10月19日 
出版社 大和書房
ページ数 265ページ 
値段 1,600円(税抜) 

先日エディー本「ハードワーク」を購入するため書店に行った際、ハードワークの隣に「ラグビー日本代表五郎丸歩選手オススメ!」との派手なPOPがあり、ついでに購入した本。

実際、五郎丸はこの本を大学2年生の時に読んで、自分しか見えず周りのせいにしていた状態から、置かれた環境で自分の力を出し切ることで物事をポジティブに捉えられるようになったという。詳細はブック・アサヒ・コムにて。

世界的にヒットした本で、日本のアマゾンのページでも400件のレビューが寄せられ、星も4.2と非常に評価が高い。この本を読んだことにより、人間関係が改善された、ビジネスで成功することができたというような感想が多く寄せられている。

他人との関係がうまくいかない、会社や部活でチームワークが機能しない、家族や恋人と不仲な状態が続いている。。このような悩みを抱えている方は、ひょっとしたら「箱」に入っているのかも。そのような方に読んで欲しい一冊。

自分の小さな箱から脱出する方法「要約」

主人公のトムが新しい会社に幹部として転職した先で、副社長から企業が成長するために重要なことの研修を受ける話。

会社にとって大切なのは働く人間とその人間関係で、人が「箱の中」にいる状態から「箱の外」へ出て、その状態をどう継続させるか?ということをトムのこれまでの人生から考えさせ、一緒に答えを出していく。

内容はストーリー形式で読みやすいものの、小説のようにページが次々に進むことはなく、この本から何か学んで成長したいと思わなければ、読むのが苦痛になるかもしれない。

この本では、箱の中に入っている状態を

・自分に嘘をつき自分を裏切っている状態
・他人を尊重せず、物としてみている状態
・自分のことしか考えていない状態

と定義している。

箱の中に閉じこもっていると、他人や現実を見る目がゆがんで、周りを正しく見ることができなくなり、全てを責任転嫁し、結果として人間関係のゴタゴタが生じるようになる。

困ったことに箱の中に入っている人は他人や周りの人も箱の中に引き込み、ウイルスが蔓延するように組織にも負の連鎖が生じ、会社であれば業績にも影響するようになる。そこで、

・目の前にいる人を自分とは違う独立した人間としてとらえる
・相手を尊重し自分と同様に希望や心配事を持った一人の人間として見る

この2つを実行することで、箱の外に出ることができるとしている。つまり相手の役職や年齢等に関係なく、相手の立場に立って尊重することから個々の良好な人間関係が築かれ、組織も強固になるということだ。

自分の小さな箱から脱出する方法「まとめ」

自分が箱に入っている状態は「自分への裏切り」から始まり、それは以下のようなマイナスをもたらすとしている。

・自分が他の人のためにすべきだと感じたことに背く行動を、自分への裏切りと呼ぶ。
・いったん自分の感情に背くと、周りの世界を、自分への裏切りを正当化する視点から見るようになる。
・周りの世界を自分を正当化する視点から見るようになると、現実を見る目がゆがめられる。
・したがって、人は自分の感情に背いたときに、箱に入る。
・時が経つにつれ、いくつかの箱を自分の性格と見なすようになり、それを持ち歩くようになる。
・自分が箱の中にいることによって、他の人達をも箱の中に入れてしまう。
・箱の中にいると、互いに相手を手ひどく扱い、互いに自分を正当化する。共謀して、互いに箱の中にいる口実を与えあう。

自分を裏切ることが、自分が箱の中に入ることにつながり、本来やるべきことへ集中することができるなくなる。

また、自分が成功出来るかどうかは自分が箱の外に出ているどうかにかかっており、よりよくしようという努力を続け、他人に期待をするのではなく、自分が他に人に力を貸すことができているかを考えるようにすることが大切だとしている。

個人的には自己中心的な考えをすることがあり、読んでて自分のことか?と反省しなければいけないことも多々あり、そのことを気付かされただけでも読んだ価値があったと思う。

企業でマネジメントする立場にある人に向けての本だが、ラグビーなどのチームスポーツを行っている人にも通じる内容で、人間関係を改善したい人や組織やチーム力を強くしたいと思っている人にはぜひ手にとって欲しい一冊だ。

自分の小さな箱から脱出する方法の「目次」

1章 君には問題がある
2章 自分だけがきづいていないこと
3章 何も見えない状態に陥るとき
4章 さまざまな問題のもとになっている一つの問題
5章 効果的なリーダーシップを支えるもの
6章 自己欺瞞に冒されている人ほど問題が見えない
7章 目の前の相手は「人」か、「物」か
8章 うまくいかないのは自分だけが悪いのか?
9章 箱に入っているのは、あなた一人じゃない
10章 箱の中に押し戻されてしまうとき
11章 あなたを箱の中に追い込む「自分への裏切り」
12章 ほんとうに相手が悪いのか? 自分を正当化できるのか?
13章 他の人たちが何を必要としているか
14章 なぜ自分ばかりが責められるのか
15章 自分の気持ちはどこに向いているか
16章 箱の問題は、なぜ解決しなければならないか
17章 「素直な自分」を引き出す
18章 「どうすれば箱の中から出られるか」
19章 人として相手と接する
20章 箱の中にいるときにしても無駄なこと
21章 自分が楽な人間関係を選択する
22章 何のために努力するのか
23章 本気にならなければ人はついてこない
24章 二度目のチャンスは用意されている

【書評】ハードワーク〜勝つためのマインド・セッティング〜

2016.12.29