ラグビー界における「ティア1(tier)」と「ティア2」とは?

ラグビーボール

ラグビー界における「ティア」の存在

ラグビー代表チームの強さを測る指標としてワールドラグビー(ラグビーの国際統括団体)が発表する「世界ランキング」がある。

これは、テストマッチの結果をポイント化することによりランキングされている(現在の世界ランキングはこちら

世界ランキングとは別に、ラグビーにおいては「ティア(tier)」と呼ばれる「階級」が存在する。

これは強豪国で構成される「ティア1」と中堅国の「ティア2」、発展国の「ティア3」から構成。

ティア1、ティア2といった区分けに厳密な決まりやルールは存在せず、その国の強さや伝統、格により決定されている。

ティア1(tier1)の10カ国

国名 世界ランキング W杯最高成績
NZ  1位  優勝 
イングランド  4位  優勝 
オーストラリア  6位  優勝 
アイルランド  3位  ベスト8 
南アフリカ  5位  優勝 
ウェールズ  2位 3位 
スコットランド  7位  4位 
フランス  8位  準優勝 
アルゼンチン  10位  3位 
イタリア  14位  予選敗退 

※世界ランキングは2019年6月時点

ティア1は「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」の南半球4カ国と、「シックス・ネーションズ(欧州6カ国対抗)」の6カ国。

アルゼンチンは元々ティア2の国であったが、2007年W杯で3位、20011年W杯でもベスト8に進出。

2012年には南半球の強豪同士が対戦するラグビーチャンピオンシップに参加、現在はティア1の仲間入りを果たしている。

ティア2(tier2)の13カ国

国名 世界ランキング W杯最高成績
フィジー 9位  ベスト8
日本 11位  予選敗退
ジョージア 12位  予選敗退 
サモア 17位  ベスト8 
トンガ 13位  予選敗退
ルーマニア 18位  予選敗退
アメリカ 15位  予選敗退
カナダ 21位  ベスト8 
ロシア 20位  予選敗退
ナミビア 23位  予選敗退 
ウルグアイ 16位 予選敗退 
スペイン 19位 予選敗退
ポルトガル 22位 予選敗退 

ティア1に続く、ティア2の国々がこの13カ国。

W杯には出場するものの、予選を突破する実力のないチームがほとんどだ。

このティア2の中でも注目されているのが2015年W杯で3勝を挙げた日本と、2勝したジョージア、そして世界ランキング9位のフィジー。

この3カ国は実力的にティア1に近いとされている。

ティア3以下のチームはW杯に出場したことがないが強化に熱心なチーム。

アジアでは香港、ヨーロッパではドイツやベルギー、南米ではブラジルやチリといった国々だ。

※ティア1、ティア2のチームはList of international rugby union teamsを参照

日本がティア1になるためには

japan

日本がティア1になるためには、まずアルゼンチンのように「W杯でベスト8以上」の成績が求めらる。

さらに、ザ・ラグビーチャンピオンシップに参戦し、ある程度戦えることを証明することがありそうだ。

NZやイングランドのメディアの報道を見ていると、日本がウェールズやフランスと善戦しても、それは「日本奮闘!」といったような言葉で表現される。

これには「日本が格上チームに頑張った」というようなニュアンスがあり、まだ自国にとって脅威の存在だとは思われていない。

日本としては、自国で開催されるラグビーW杯で決勝T進出&ベスト8以上をなんとしても達成したい。

そして、2020年以降のテストマッチでティア1国のチームに対して渡り合い、強豪国が「手を抜いたらやられる」と思うようなチームになれば、ティア1への道も開けてくるだろう。

日本代表

【9月最新】ラグビー世界ランキング!1位アイルランド、日本代表10位

2016年6月13日