リオ五輪セブンズ最終順位。オリンピック初代金メダルはフィジー、日本は4位

フィジー代表

リオ五輪7人制ラグビー(セブンズ)最終順位

順位  国 
1位(金メダル)  フィジー 
2位(銀メダル) イギリス 
3位 (銅メダル) 南アフリカ 
4位(入賞)  日本 
5位(入賞)  NZ 
6位(入賞)  アルゼンチン 
7位(入賞)  フランス 
8位(入賞)  オーストラリア 
9位  アメリカ 
10位  スペイン 
11位  ケニア 
12位  ブラジル 

オリンピックで初の正式種目となった7人制ラグビー(セブンズ)。

男子のオリンピック初代王者は前評判通りの強さを見せたフィジー。同国にこれまでの夏冬オリンピックを通して初のメダルををもたらした。

日本は大健闘の4位。昨年の15人制ラグビーW杯に続いて、7人制の代表も活躍し日本のラグビー界を勇気付けるとともに、2020年に東京で開催されるオリンピックに向けて大きな自信を得た。

リオ五輪

リオ五輪7人制ラグビー(セブンズ)男子、試合結果まとめ。日本代表は4位!

2016年8月6日