ラグビー世界ランキング2018年9月最新版!1位NZ、2位アイルランド、日本は11位

日本代表

ラグビー世界ランキング2018年9月最新版!

ランク ポイント
1位 NZ 94.52
2位 アイルランド 90.12
3位 ウェールズ 85.94
4位 イングランド 85.68
5位 オーストラリア 83.96
6位 スコットランド 83.02
7位 南アフリカ 81.84
8位 フランス 79.10
9位 アルゼンチン 77.02
10位 フィジー 76.54
11位 日本 75.24
12位 トンガ 73.84
13位 ジョージア 73.13
14位 イタリア 72.56
15位 アメリカ 71.66
16位 サモア 68.28
17位 ルーマニア 68.25
18位 ウルグアイ  65.37
19位 ロシア 64.89
20位 スペイン 63.09
21位 香港 60.46
22位 ナミビア  59.97
23位 カナダ 59.93
24位 ポルトガル 58.30
25位 ベルギー 58.09
26位 ブラジル 56.81
27位 オランダ 56.52
28位 ケニア 55.71
29位 ドイツ 55.59
30位 チリ 54.36
31位 韓国 53.59
32位 チェコ 53.30
33位 スイス 53.25
34位 リトアニア 51.58
35位 ポーランド 50.46
36位 コロンビア 49.84
37位 ウクライナ 49.64
38位 パラグアイ 49.59
39位 ジンバブエ 49.28
40位 マルタ 48.77

ラグビーの国際統括団体である「ワールドラグビー」より9月3日に最新の世界ランキングが発表された。

6月のウインドウマンス(国際試合月間)を終え、上位国が対戦するテストマッチは8月から10月にかけてNZ、豪、南ア、アルゼンチンが参加して行われる「ラグビーチャンピオンシップ2018」のみ。

チャンピオンシップでアルゼンチンが南アフリカに勝利したことで、アルゼンチンのランキングが10位→9位にUPした一方、南アフリカは6位→7位に下げた。

日本は11位で変わらず、10位フィジーとのポイント差は1.3ポイント。日本としては11月のテストマッチでランキング1桁台を目指したい。

日本代表は10月26日に花園で世界選抜戦(試合詳細)、そして11月3日に味スタでNZ代表戦(試合詳細)、その後トゥイッケナムでイングランド代表とのテストマッチが予定されている。

2019年W杯で日本と同じプールAのアイルランドは2位、スコットランドが6位、サモアは17位、ロシアは19位にランクされている。

なお、ラグビー世界ランキングの計算方法については以下をご参照。

ラグビー世界ランキングの計算方法

2016.05.12

【9/19一般販売開始!】ラグビーW杯チケット最新情報!価格や買い方まとめ

2017.11.02