ラグビー世界ランキング2017年12月最新版!1位NZ、2位イングランド、日本は11位

日本代表

ラグビー世界ランキング2017年12月最新版!

ランク ポイント
1位 NZ 93.99
2位 イングランド 90.87
3位 アイルランド 86.39
4位 オーストラリア 85.49
5位 スコットランド 84.11
6位 南アフリカ 83.81
7位 ウェールズ 82.08
8位 アルゼンチン 78.22
9位 フランス 78.09
10位 フィジー 77.93
11位 日本 75.66
12位 ジョージア 73.46
13位 トンガ 71.87
14位 イタリア 71.25
15位 ルーマニア 69.58
16位 サモア 69.03
17位 アメリカ 66.87
18位 ウルグアイ  65.63
19位 ロシア 64.45
20位 スペイン 61.68
21位 カナダ  61.13
22位 香港 59.66
23位 ナミビア 58.93
24位 チリ 58.18
25位 ポルトガル 57.79
26位 ドイツ 56.53
27位 オランダ 55.89
28位 ブラジル 55.61
29位 ベルギー 55.37
30位 ケニア 54.24
31位 韓国 53.34
32位 スイス 53.33
33位 チェコ 53.28
34位 ポーランド 52.14
35位 ウガンダ 50.69
36位 リトアニア 50.68
37位 ウクライナ 49.05
38位 マルタ 48.89
39位 パラグアイ 48.54
40位 チュニジア 48.49

※41位以下の世界ランキングはワールドラグビーHPにて。

12月4日にラグビーの国際統括団体であるワールドラグビーより最新のラグビー世界ランキングが発表された。

日本代表は11月のフランス戦に引き分けたことにより、ポイントを獲得し74.98→75.66としたものの、10位フィジー(77.93)とはまだ差があり順位は変わらずの11位。

日本代表は2018年に世界ランキング一桁台を狙いたい。

今後、当面は主要国においてテストマッチの予定はなく、2018年2月に開幕するシックス・ネーションズ(欧州6ヶ国対抗戦)まで上位のランキングに変更はない見込み。

これからはトップリーグ、大学選手権、全国高校ラグビー大会が佳境を迎えるため国内のラグビーに注目したい。なお、ラグビー世界ランキングの計算方法については以下をご参照。

ラグビー世界ランキングの計算方法

2016.05.12