ラグビー世界ランキング2017年6月最新版!1位NZ、2位イングランド、日本は11位

日本代表

ラグビー世界ランキング2017年6月最新版!

ランク ポイント
1位 NZ 94.78
2位 イングランド 90.14
3位 アイルランド↑ 85.09 
4位 オーストラリア↓ 84.63 
5位 スコットランド↑ 83.90
6位 南アフリカ↓ 83.63
7位 ウェールズ 81.45
8位 フランス 80.16
9位 アルゼンチン 79.31
10位 フィジー 76.63
11位 日本 74.09
12位 ジョージア 73.61
13位 トンガ 71.85
14位 サモア 71.25
15位 イタリア 71.00
16位 ルーマニア 70.27
17位 アメリカ 66.10
18位 ウルグアイ↑ 63.15
19位 スペイン↓ 63.15
20位 ロシア↓  63.13
21位 ナミビア↓  60.27
22位 ドイツ 59.78
23位 カナダ 59.21
24位 香港 58.66
25位 ケニア 58.17
26位 ポルトガル 57.26
27位 ベルギー 56.94
28位 チリ 54.76
29位 ブラジル 54.50
30位 スイス 53.63

※31位以下の世界ランキングはワールドラグビーHPにて。

6月19日にラグビーの国際統括団体であるワールドラグビーより最新の世界ランキングが発表された。

世界ランキング4位だったアイルランドが日本に勝利、一方3位のオーストラリアがスコットランドに敗れたため順位が入れ替わり、アイルランド3位、オーストラリア4位に。

スコットランドも6位から5位に順位を上げた。

日本代表はアイルランドに敗れたためポイントを74.52→74.09と下げたが、順位は変わらずの11位。

しかし10位のフィジーがイタリアに勝利し76.46→76.63とポイントを加算したため、10位フィジーの背中が遠くなった。

日本は6月のテストマッチの結果次第では、フィジーを追い抜いて10位にランクアップする可能性もあったが、次のウインドウマンスである11月以降に持ち越に。

1位NZ、2位イングランドは3位以下とポイントを大きく引き離しており、この2強の順位は当分変わらないだろう。

なお、ラグビー世界ランキングの計算方法についてはこちらをご参照。

ラグビー世界ランキングの計算方法

2016.05.12