【2月最新】ラグビー世界ランキング!1位南ア、2位NZ、日本代表は8位!

日本代表

ラグビー世界ランキング2020年2月最新版!

ランク ポイント
1位 南アフリカ 94.19
2位 NZ 92.11
3位 イングランド 87.80
4位 アイルランド 85.36
5位 ウェールズ 84.28
6位 フランス 82.37
7位 オーストラリア 81.90
8位 日本 79.28
9位 スコットランド 78.58
10位 アルゼンチン 78.31
11位 フィジー 76.21
12位 ジョージア 72.70
13位 イタリア 72.04
14位 トンガ 71.44
15位 サモア 70.72
16位 スペイン 68.28
17位 アメリカ 68.10
18位 ウルグアイ 67.41
19位 ルーマニア 65.11
20位 ポルトガル 62.40
21位 香港 61.23
22位 カナダ 61.12
23位 ナミビア 61.01
24位 オランダ 60.08
25位 ロシア 59.90
26位 ブラジル 58.89
27位 ベルギー 55.57
28位 ドイツ 54.64
29位 チリ 53.83
30位 韓国 53.11
31位 スイス 52.60
32位 ケニア 52.55
33位 コロンビア 51.92
34位 ポーランド 51.11
35位 ジンバブエ 50.69
36位 ウクライナ 50.33
37位 チェコ 50.02
38位 マルタ 49.12
39位 チュニジア 48.53
40位 ウガンダ 47.84

ラグビーの国際統括団体である「ワールドラグビー」は2月10日に最新の世界ランキングを発表した。

現在開催されている、シックス・ネーションズ第2ラウンドの結果が反映されている。

アイルランドがウェールズに勝利し、アイルランドが4位へ上昇、一方ウェールズは5位になった。

1位南アフリカ、2位NZ、3位イングランドのTOP3は変わらず。

W杯で過去最高の6位までランキングがアップした日本は現在8位。

それでも9位スコットランド、10位アルゼンチンのティア1国よりも上位をキープしている。

3月まで注目はなんと言ってもシックス・ネーションズ

W杯後ということもあり各国新戦力も多く、見所満載だ。

特に次回W杯のホスト国フランスは初戦でイングランドを撃破、若い選手が多いこともあり期待が高まっている。

ペナルティ

「ラグビーのルール」初心者でもラグビーを簡単に理解できるポイント

2018年12月5日
ラグビーTV

【毎日更新】ラグビー関連テレビ番組放送予定表(地上波・衛星TV)

2018年9月11日