なでしこジャパン&ラグビー日本代表に思う「チームスポーツ」の難しさと可能性

ラグビー日本代表

あの強いなでしこがアジア予選を勝ち上がれず、リオ五輪への道が絶たれてしまった。改めて感じるのはチームスポーツの難しさ。

2015年ラグビー日本代表がいい例だが、個々の力が劣っていても、一人一人がハードワークし、練習を通じチームがまとまり、相手チームの研究・対策をしっかり行うことで、1+1が3にも4にもなって強豪を打ち負かすことができる。一方、逆も然り。

今回のなでしこの敗戦を受け、強いチーム、組織を作るためには何が必要か考えてみたい。

なでしこジャパン敗退の原因

リオ五輪女子サッカーアジア最終予選でなでしこジャパンはオーストラリア、中国に敗れ、韓国に引き分けるなど大苦戦、結果として6チーム中2位以内の五輪出場権を獲得することができなかった。

なでしこは2011年のドイツW杯で優勝、2012年ロンドン五輪では準優勝、昨年のカナダW杯では準優勝とアジアのチームでは圧倒的に結果を残しているチームであり、そのなでしこが本国開催のアジア予選で敗退するとは思ってもいなかった。

しかし、結果論ではあるが、この敗退を報道する内容を見るとむしろ今回の結果は必然であったように思われる。その主な原因を以下に記したい。

精神的支柱である澤の引退

なでしこの主将はMF宮間あや。世界年間最優秀選手(バロンドール)の最終候補にも選出、アメリカのプロリーグでも活躍するなど世界的なプレイヤーで、自分に厳しく妥協せず努力した結果が選手としての成功に繋がった。

そんな主将宮間は勝利のためにチームメイトに厳しく他人にもスキを与えない。萎縮した若手選手はピッチ上ですら宮間に物を言えないという。

そんな主将と若手の間を取り持ったのが昨年引退した澤穂希だった。2015年W杯までは澤が時には潤滑油として、時にはリーダーとしてを支えていたからこそ、チームはまとまった。その澤が引退し、精神的な支えを失うとチームは分裂、中には公然とチームメイトに苦言を呈するする選手も出てくるなどチームとして機能しなくなってしまった。

エディージャパンでは澤や宮間に相当する圧倒的な選手はいなかったが、プレーで引っ張るリーチキャプテン、FW堀江とBK五郎丸の副キャプテン、そして精神的にチームを支えた廣瀬前キャプテンを中心によくまとまっていた。

チームスポーツではリーダーを中心に信頼関係という強い結びつきがあってこそ、はじめて戦える集団となる。残念ながらなでしこは戦える集団となっていなかった。

指導者と選手の壁

選手間の関係がギクシャクしていただけでなく、指揮官である佐々木監督と選手の間にも大きな壁があった。スポニチによると監督と選手の関係は意思疎通に欠き、選手選考に漏れた選手への配慮がないなど、小さいことが積み重なり、冷戦状態に。驚くことに佐々木監督のことを選手は「ノリオ」と呼ぶという。

佐々木監督は2008年になでしこの監督に就任、大きな大会で結果を残した結果、9年も監督を続けてきたが、監督と選手の関係が馴れ合いになり、緊張感がなくなり、関係を修正しようとしたところむしろ悪化したのではないか。指揮官に対するリスペクトがない状態で戦場に行っても撃たれて終わるだけである。

今回の敗戦を受けて、佐々木監督の功績に傷がつくことはなく、サッカー界の大功労者であることには間違いないが、佐々木監督をもってしても長期で求心力を維持し続けることは難しいことがよく分かる。代表の監督は長くともW杯毎の4年、長くても6年程度にすべきではないか。

対戦相手への研究・準備

ラグビー日本代表は初戦で南アフリカと戦うにあたり、徹底して分析を行い南アフリカを丸裸にし、その分析結果を受けて練習を行った。一つの理由にすぎないが、その準備が歴史的大番狂わせになったのである。

今回のなでしこは、ホームでの戦いということもあり「まぁ、なんとかなるだろう」という慢心があり相手への分析をさほど重視しなかったのではないか。逆に相手は王者であるなでしこに標準を合わせて準備してきたはずだ。

サッカーやラグビーといった戦術に重きを置くスポーツにおいては対戦相手の研究と対策は必須で、ITを駆使していかに精緻で有効な分析を行うか、そして練習で対策を取るかが勝敗を左右する。運営サイドを含め勝負は分析から始まることを念頭に対策をとることが大切だ。

今回のリオ五輪予選敗退を受け佐々木監督が退任、さらに宮間主将、FW大野、DF近賀ら、ここ数年チームを引っ張ってきた世代が代表を引退する見込み。チームは新しい指揮官の元、世代交代を行い2019年フランスでのW杯に向けてチームが始動する。

今回と同じ轍を踏まないよう、チームが再建し以前の輝きを取り戻すことを期待したい。