ラグビーワールドカップ2023(仏大会)予選プール組み合わせ決定!

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2023フランス大会の組合せ決定!

予選プール

プールA プールB プールC プールD
NZ 南アフリカ ウェールズ イングランド
フランス アイルランド オーストラリア 日本
イタリア スコットランド フィジー アルゼンチン
南北アメリカ1 アジア/太平洋1 欧州1 サモア
アフリカ1 欧州2 最終予選優勝 南北アメリカ2

第10回目ラグビーW杯は2023年9月8日からフランスで開催される。

出場国は20ヵ国、プール内総当たりで各チーム4試合行い、勝点で上位の2チーム「合計8チーム」が決勝トーナメントへ進出し世界一を決める。

日本代表は「プールD」に入り、イングランド、アルゼンチン、サモア、南北アメリカ予選2位のチームと対戦することが決定した。

2020年12月時点の世界ランキングは日本が10位、イングランド2位、アルゼンチンは8位となっている。

日本が決勝トーナメントに進むには、イングランド、またはアルゼンチンのどちらかに勝つ必要があり、今後さらなる強化が求められる。

ラグビーW杯抽選会について

2019年W杯において、予選プール3位以内に入った計12チームは出場権を獲得。

その12チームを2020年1月1日時点の世界ランキングに基づき、以下のバンド1〜バンド5に分けて抽選を行う。

バンド1:南ア、NZ、イングランド、ウェールズ
バンド2:アイルランド、フランス、オーストラリア、日本
バンド3:スコットランド、アルゼンチン、フィジー、イタリア
バンド4:オセアニア1、南北アメリカ1、欧州1、アジア/太平洋1
バンド5:アフリカ1、欧州2、南北アメリカ2、最終予選優勝

日本は2020年1月1日時点で世界ランキング8位だったため(現在は10位)、「バンド2」に組み入れられた。

本来、バンド分けの基準となる世界ランキングは2020年12月時点を採用する予定だったが、コロナによる影響を考慮し、2020年1月1日時点のランクが採用されることに。

バンド4、バンド5のチームは今後開催される各地域の予選にて決定する。

日本代表

【12月最新】ラグビー世界ランキング!1位南ア、日本代表は10位!

2016年6月13日