松島幸太朗、仏TOP14「ASMクレルモン・オーヴェルニュ」へ移籍

松島幸太朗

松島幸太朗「ASMクレルモン・オーヴェルニュ」へ

松島幸太朗はトップリーグ2020シーズン終了後に、フランスのプロリーグ「トップ14」の「ASMクレルモン・オーヴェルニュ」へ移籍することを発表した。

クレルモンとの契約期間は2022年6月までの2年間。

松島は2013年からサントリーでプレー、2014年には日本代表に選ばれ、2015年W杯、19年W杯でも活躍した。

2019年W杯では初戦のロシア戦でハットトリックを決めチームに勢いをもたらし、初のW杯ベスト8進出に貢献。

松島は以前からヨーロッパ移籍を公言しており、一方クレルモンは日本のスピードスター獲得に熱心だったようだ。

なお、待望論もあった7人制で東京五輪へ出場することはほぼ不可能に。

フランスのプロリーグTOP14の観客動員は270万人で、南半球のスーパーラグビー(150万人)やイングランドのプレミアシップ(190万人)よりも多い。

資金力のあるチームが多く世界中から代表クラスの選手が集まり、かつては五郎丸もトゥーロンでプレーした。

松島にはチームの主力として、トライを量産しさらに選手として成長することを期待したい。

松島tweet

クレルモンtweet

サントリーサンゴリアス

ラグビー「トップリーグ2020」全試合日程と結果速報

2019年9月2日