東京オリンピック「7人制ラグビー」チケット申込方法

ラグビーW杯チケット

東京オリンピック「7人制ラグビー」チケット申込方法

東京オリンピックのチケット第2次抽選申込が11月13日に始まった。

オリンピックにおけるラグビーは15人制ではなく、「7人制ラグビー」が行われる。

グラウンドの広さは15人制と同じだが、7人制は人数が少ないことと、試合時間が7分ハーフと短い点などが15人制とは異なる(7人制ラグビーのルール

チケットの第2次抽選の申込受付は11月26日まで、期間内に申し込むことで試合を観戦できる可能性が残っている。

試合開催日は男子が7/27(月)〜29(水)の3日間、女子は30(木)〜8/1(土)の3日間、会場は全て東京スタジアム(味スタ)で行われる。

時間帯は暑さを考慮して9:00からの午前セッションと、16:30からの午後セッションに分かれている。

参加するのは男女それぞれ12ヶ国、日本も男女共に出場しメダル獲得を目指す。

メダルセッション以外は一つのセッションで全12チームが出場するため、日本代表の試合も観戦することが可能だ。

ここでは7人制ラグビーのチケット申し込み方法をまとめてみた。

東京五輪7人制ラグビー第2次抽選申込方法

7人制ラグビー

東京オリンピックのチケット抽選に参加するには「TOKYO 2020 ID」を作成する必要がある。

東京オリンピック公式HPにアクセスし、IDを作成しよう。

既にIDを取得済の場合は、登録したメアドとパスワードでログインする。

そして、ログイン後の画面から「オリンピック公式チケット販売サイト」→「チケット購入」をクリック。

するとオリンピックの全種目が表示されるので「ラグビー」を選択し、「検索」をクリック。

すると以下の画面が表示される。

セブンズ

このように7人制ラグビーの場合、午前・午後のセッション毎に申し込む。

例えば男子7人制で、メダルの獲得が決まる3位決定/決勝戦を観戦したい場合は、「7月29日16:30〜19:00」の横の「ラグビー」をクリックする。

すると座席や枚数(上限4枚)を入力する画面に遷移するので、画面通りに入力しよう。

その後、電話番号認証(着信認証)や利用規約の確認(規約を確認し画面下までスクロールする必要がある)をして最後に内容を確認すると抽選手続きが完了する。

申込内容の変更・取消は11月26日11:59まで可能、抽選結果の発表は12月18日に予定されている。

チケット代は当選した後に支払う。

ラグビーワールドカップで味わった興奮や感動を実際にスタジアムで味わいたい方は期間内に申し込みを!

セブンズ

7人制ラグビー(セブンズ)ルールの基本。15人制とどう違う?

2016年8月5日
ラグビーセブンズ

東京オリンピック「男子7人制ラグビー」日程と試合会場など大会概要

2019年5月1日