2019年流行語大賞は「ONE TEAM(ワンチーム)」で決定?

one team

流行語大賞は「ONE TEAM(ワンチーム)」で決定?

その年に話題となった言葉が対象となる「流行語大賞」のノミネート30語が発表された。

ラグビー関連ワードでは、「ジャッカル」「にわかファン」「4年に一度じゃない。一生に一度だ」「笑わない男」「ONE TEAM(ワンチーム)」がノミネート。

ラグビー関連ワードが5つもノミネートされたことからも、いかにラグビーW杯が盛り上がったかが分かる。

その他には、「タピる」「ドラクエウォーク」「◯◯ペイ」などが入った(全30語

大賞は有識者により選ばれ、12月2日(月)に発表される。

なお、日本が南アを撃破した2015年は「五郎丸ポーズ」と「ルーティン」がノミネートされたが、この年は「トリプルスリー」と「爆買い」が年間大賞に選ばれている。

2019年の流行語大賞は「ONE TEAM(ワンチーム)」が最適ではないだろうか。

「ONE TEAM」で日本は初のベスト8、南アは優勝

「ONE TEAM(ワンチーム)」はラグビー日本代表のスローガン。

日本代表選手31名は日本を含めた7ヶ国の出身者から選ばれている。

異なる文化や背景を持つ選手たちがお互いをリスペクトし、ベスト8という目標を共有、日本の歴史や文化を学び、合宿を通じて家族のように一つのチームになった。

ベスト8はまさにワンチームにて成し遂げた快挙だった。

優勝した南ア代表にもワンチームが当てはまる。

南アフリカは貧困、犯罪の多発、人種間の格差など様々な問題に直面している。

南ア代表キャプテンのシヤ・コリシも貧困地区で生まれ、15才の時に母親を亡くし、靴も買えないような厳しい環境で育った。

優勝を成し遂げた後のコリシのインタビューからもその想いが分かる。

W杯優勝南ア代表シヤ・コリシのインタビュー

「南アには多くの問題があるが、様々なバックグラウンドや異なる人種を超えて目標のために一つになった。」

「一つになれば成し遂げることができるということを南アの人に示すために、なんとしても優勝したかった。」

「バーや農場にいる人、ホームレスの人々、地方にいる人など全ての人に感謝します。」

「南アの人々を愛しています。一つになればなんでもできるのです。ありがとう。」

ONE TEAMになることの大切さが、コリシの感動的なスピーチを通じて世界の人々に発信された。

ペナルティ

「ラグビーのルール」初心者でもラグビーを簡単に理解できるポイント

2018年12月5日