【ラグビーW杯決勝】南アがイングランドを下し3度目の優勝!!

ラグビーW杯決勝結果

南アvsイングランド戦試合結果

試合 決勝
対戦 南アフリカ代表vsイングランド代表
日時 2019年11月2日(土)18:00
場所 横浜国際総合競技場(日産)
観客数 70,103人
結果 南ア 32-12 イングランド
トライ 南ア2、イングランド0
MVP No.8フェルミューレン(南ア)

ラグビーワールドカップ2019日本大会の決勝は11月2日に横浜の日産スタジアムで開催された。

決勝戦の対戦カードは「南アvsイングランド」

イングランドからはヘンリー王子、南アからはラマポーザ大統領が急遽来日。

大会期間中は台風の影響で試合が中止になることもあったが、決勝戦は秋の気配が漂う好天のもとキックオフの笛が鳴った。

前半から南アがセットプレーで優位に立つ

前半2分、イングランドはPR3カイル・シンクラーがタックルに入った際、LOマロ・イトジェと交錯し頭を打ってピッチ外へ。

代わりにダン・コールが入ったものの、想定外の立ち上がりになった。

先制したのは南アだった。

9分、SOハンドレ・ポラードのPGで3-0に。

しかし21分、南アWTBチェスリン・コルビがラック内で手を使う(ハンド)反則を犯すと、イングランドはCTBオーウェン・ファレルのPGで3-3の同点とした。

25分、南アはスクラムを押し込みペナルティを獲得、ポラードのPGで6-3と逆転。

35分、イングランドはPKなどで南ア陣内に攻め入ると、FW/BK一体となって次々にアタック。

イングランドファンの応援歌「スイングロー」を力にゴール前で攻め続けたがトライは奪えず。

しかし、PGで再び6-6と同点にした。

38分、南アはPGで9-6と逆転すると、前半ラストプレーのスクラムで再び押し込みペナルティを獲得。

これもしっかり決め、前半は南アが12-6と6点リードし折り返した。

スクラム、ラインアウトのセットプレーで南アはイングランドを圧倒。DFも強固でイングランドに簡単にゲインさせなかった。

後半も南アペースで試合が進む

後半キックオフ。

5分、南アは優位なスクラムで再度イングランドからペナルティを奪いPGで15-6とリードを広げた。

しかしイングランドは10分、この日初めて南アスクラムを押し込みペナルティを獲得、9-15と6点差に迫った。

この後も両チーム相手の堅いDFを崩すことができず、キック主体で攻め込む展開に。

イングランド、南ア共にオフサイドの反則から3点を失い、スコアは18-12で南アリードになった。

後半26分、南アはハーフウェイライン付近でボールを受けたHOマルコム・マークスが大外にいたWTBマカゾレ・マピンピへ素速くパス。

マピンピが前方の空いたスーペースをボールを蹴るとCTBルカニョ・アムがキャッチし、マピンピにパスを返してトライ。

南アが両チーム初のトライで25-12とリード、イングランドは追い詰められた。

後のないイングランドはこの後、ボールを回して積極的に攻めるものの、ミスなどでチャンスメイクできず。

逆に南アは33分にタックルからボールを獲得すると、コルビが相手DFを1人かわしてインゴールへ飛び込みトライ。

これが決定打となり、試合はこのままノーサイドに。

南アフリカが32-12で勝利し、2007年大会以来3大会ぶり3度目のW杯優勝を成し遂げた。

優勝回数3回はNZと並び最多。

イングランドはスクラムとDFで南アから終始プレッシャーを受け、本来のプレーができず。

日本で開催されたW杯は優勝南ア、準優勝イングランド、3位NZという結果に。

次回、2023年W杯はフランスで開催される。

created by Rinker
asics(アシックス)
¥34,800 (2019/11/17 17:10:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
canterbury(カンタベリー)
¥18,000 (2019/11/17 18:15:52時点 Amazon調べ-詳細)
ペナルティ

「ラグビーのルール」初心者でもラグビーを簡単に理解できるポイント

2018年12月5日