日本vsスコットランド戦(@横浜)の日本代表選手採点と評価

日本vsスコットランド
試合 ラグビーW杯プールA
対戦 日本代表vsスコットランド代表
日時 2019年10月13日(日)19:45
場所  横浜国際総合競技場(日産)
結果 日本代表 28-21 スコットランド代表
観客数 67,666人
トライ 福岡2、松島、稲垣
MVP 福岡堅樹

日本対スコットランド戦選手採点&評価

PO 選手 評価
PR1 稲垣啓太 7.5 10タックル、逆転トライでチームに勢いをもたらす(⇄56分中島)
HO 堀江翔太 8.0 セットプレー安定、アタックでもラインに入り存在感(⇄72分坂手)
PR3 具智元 脇腹を痛め途中交代(⇄21分愛)
PR3 7.0 交代後のスクラムで組み勝つなど、しっかり役割を果たす
LO4 トンプソン 7.0 チーム最多の18タックル、サポートなど縁の下の力持ちとしても活躍
LO5 ムーア 6.5 運動量豊富で常にボール近くでプレー(⇄52分ウヴェ)
FL6 リーチ 7.0 FW最多の31m、DFでもピンチを防ぐタックルを何度も(⇄72分ツイ)
FL7 ラブスカフニ 7.0 15タックル、アタックではサポートやスイープで奮闘
No.8 姫野和樹 6.5 苦しい局面で得意のジャッカル、会場を沸かせた
SH 流大 6.5 テンポよく的確なパスでアタックを牽引(⇄50分田中)
SO 田村優 6.5 パスでアタックの起点となりゲームメイク
WTB 福岡堅樹 8.0 116m、7DB、相手ボールを奪ってのトライ、アシストと大活躍
CTB 中村亮土 6.5 11タックルはBK最多、出足鋭いDFで相手を止めた(⇄74分松田)
CTB ラファエレ 7.0 トライに繋がるキックにパスとチャンスメイク
WTB 松島幸太朗 7.0 79m、3DB、3CBにトライとアタックで存在感
FB トゥポウ 6.5 安定しプレー、トライに繋がるオフロードも(⇄50分山中)

※点数は勝った試合は平均が「5.5」、負けた試合は「4.5」となるイメージ

日本vsスコットランド戦スタッツ

日本 内容 スコットランド
4 トライ 3
55% ポゼッション 45% 
57% テリトリー 43% 
559 メーター 375
150 ラン 111
33 ※DB 29
13 ※CB 11
119/148 タックル 166/199
80% タックル成功率 83%
6/7 スクラム 6/7
4/5 ラインアウト 11/11
7 ペナルティ 4

※Defenders Beaten(DB)はタックルを破ってゲインした回数、Clean Breaks(CB)は相手タックラーに触らせずに抜いた回数。

日本代表はスコットランドに勝利し、プールAを4戦全勝で見事1位通過を果たした。

選手、コーチ陣、スタッフ、ファンと、まさに「One Team」により成し得た、歴史的な偉業だ。

スコットランド戦のスタッツは↑の通り、数字面では日本が優勢でその通りのスコアに。

スクラム、ラインアウトが安定しているのが頼もしい。

攻撃の起点となるセットプレーから、いいボールが決定力のあるBKへ供給され、チャンスやトライに繋がっている。

HO堀江はセットプレーの要としてだけでなく、ディフェンスやアタックでも獅子奮迅の活躍で、チームの勝利に大きく貢献した。

福岡は怪我で今大会の出場が出遅れたが、相手ボールを奪いDFをかわして50m走ってトライをとるスーパープレー等でエンジン全開に。

気になるのはタックル成功率がアイルランド戦は92%だったのが、この試合は80%に下がった点。

疲労もあるのかもしれないが、タックル成功率は失点と相関するので、南ア戦に向けて立て直したい。

プール戦4試合はとにかく素晴らしかった。

次はいよいよ決勝トーナメント準々決勝の南ア戦。

これまで日本代表が行ってきたことに間違いがないことは、すでに証明している。

あとは思いっきりやるだけだ。

created by Rinker
canterbury(カンタベリー)
¥31,000 (2019/11/17 11:40:34時点 Amazon調べ-詳細)
エリスカップ

ラグビーワールドカップ「決勝トーナメント表」

2019年10月10日