箱根駅伝超えた!日本vsサモア戦の視聴率は32.8%、瞬間最高は46.1%!!

tv

ラグビーW杯日本vsサモア戦の視聴率は32.8%!

注目度と共に、視聴率もグングン上昇している。

10月5日(土)に行われた日本vsサモア戦のTV平均視聴率は「32.8%」、瞬間最高はなんと「46.1%」を記録した。

瞬間最高は最後に松島がトライを決め、ボーナスポイントを獲得した午後9時23分。

単純計算で日本人約5,800万人がこの試合を視聴した計算になる。

現時点で2019年度のスポーツ関連番組ではNo.1の視聴率を叩き出した。

それまでの1位は全豪テニス決勝(大坂vクビトバ)の32.3%、2位箱根駅伝復路の32.1%、3位トランプ大統領が観戦した大相撲夏場所千秋楽が26.3%だった。

9月28日アイルランド戦の視聴率は「22.5%」で、この試合での歴史的勝利の効果が大きかったようだ(W杯TV視聴率

ラグビーファンお馴染みの放送局Jスポの数字は含まれていないため、実際のTV観戦者はさらに多い。

こうなると注目されるのが、決勝トーナメント進出をかけた大一番のスコットランド戦。

サモア戦の32.8%はもちろん、35%、40%の可能性も出てきた。

試合は10月13日(日)19:45キックオフ、TV放送は日テレとJスポで放送される。

TV視聴率

ラグビーW杯日本代表&地上波放送試合の「TV視聴率」

2019年9月27日
テレビ

【TV放送】ラグビーW杯2019「全試合」テレビ中継日程

2018年9月20日