【ラグビーW杯】フランスvトンガ戦試合結果。フランスが僅差で勝利

フランスvトンガ

フランスvsトンガ戦試合結果

試合 ラグビーW杯プールC
対戦 フランス代表vsトンガ代表
日時 2019年10月6日(日)16:45
場所  熊本県民総合運動公園陸上競技場
結果 フランス 23-21 トンガ
観客数 28,477人
トライ フランス2、トンガ3
MVP WTBアリベレティ・ラカ(仏)

前半、フランスが10点リードし折り返し

死の組プールCで初戦のアルゼンチン戦を制したフランスはこの試合に勝つと決勝T進出が決まる。

フランスは前半2分にPGで3-0と先制した。

6分には自陣22m付近のトンガボールラインアウトを獲得すると、BKが次々に繋いで大きくゲインしCTBバカタワがトライ。

10-0とリードを広げた。

トンガも強いフィジカルを前面に押し出し何度もフランス陣内でアタックするも、ハンドリングエラーなどでチャンスを逃した。

32分、フランスはスクラムでペナルティを獲得、SHセランがクイックスタートし、WTBラカが前の空いたスペースにキックを蹴り込み自らキャッチしてトライ。

トンガもようやく前半最後にフランスゴール前に攻め立てると、FWが連続でサイドアタック。

SHタクルアがトライを決め、7-17と10点差に迫った。

後半はトンガが猛追、フランスはなんとか逃げ切る

後半スタート、気合い充分のトンガは6分のスクラムでフランスを押し込み勢いがつく。

するとトンガは自陣でターンオーバー、ランとパスで大きくゲインすると、キックからゴール前に転がったボールをCTBヒンガノがキャッチしてトライ。

トンガは8分に14-17と3点差に迫った。

フランスは焦ることなく、連続でPGを決め20分に23-14とリードを広げた。

その後は攻守の入れ替わりが頻繁でボールがよく動き、見ていて面白い展開に。

汗でボールが滑るのか、ハンドリングエラーも多発した。

後がないトンガは38分、フランスゴール前に攻め入るとアドバンテージを得た状態で小さくキックパス。

このキックをFLカペリが獲得しインゴールへ。

しかしその後のキックオフでフランスがボールを獲得すると、外に蹴り出しノーサイド。

フランスが23-21で勝利し決勝トーナメント進出を決めた。

トンガは3トライでフランスの2を上回ったがPGの差で惜敗、最終戦のアメリカ戦で初勝利を目指す。

【ハイライト動画】フランスvsトンガ

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合日程と会場、対戦組み合わせ、結果」

2017年11月2日
テレビ

【TV放送】ラグビーW杯2019「全試合」テレビ中継日程

2018年9月20日