【ラグビーW杯】フランスvアルゼンチン戦試合結果。仏が23-21で逆転勝利!

フランスvアルゼンチン

フランスvsアルゼンチン戦試合結果

試合 ラグビーW杯プールC
対戦 フランス代表vsアルゼンチン代表
日時 2019年9月21日(土)16:15
場所  東京スタジアム(味スタ)
結果 フランス代表 23-21 アルゼンチン代表
観客数 44,004人
MVP ガエル・フィクー(フランス)
トライ フランス2、アルゼンチン2

前半、フランスが決定力で勝り優位に進める

イングランド、フランス、アルゼンチンと強豪3チームが入った「死の組」と呼ばれるプールC。

プール戦初戦でいきなりフランスとアルゼンチンが実現した。

先制したのはアルゼンチン。前半14分SOサンチェスのPGで3-0とした。

しかし17分、フランスはWTBピノーがハーフウェイライン付近から大きくゲイン、CTBフィクーにつなぎトライ。7-3と逆転した。

フランスの勢いはさらに続き、21分にオフロードや小さなパスでアタックを継続、最後はSHデュポンが右隅に飛び込んだ。

キッカーの20才ヌタマックは難しい位置からのコンバージョンを2本連続で成功、スコアは14-3に。

アルゼンチンはフランスゴール前まで攻め入ったものの、それまで優勢だったスクラムで痛恨の反則。

逆にフランスはPGを2本追加し、前半はフランスが20-3と17点リードして折り返した。

後半にアルゼンチンが猛攻、手に汗握る展開に

後半スタート、アルゼンチンはFBボフェリがハイパンを競って確保。

次にラインアウトからモールを押し込んで雪崩れ込むようにトライ、10-20とした。

その後もアルゼンチンはスクラムでフランスからペナルティを獲得するなど、主導権を握る。

13分、勢いに乗ったアルゼンチンは再度ラインアウトからのモールでトライ、さらに20分にはPGを追加し18-20と2点差に迫った。

劣勢になったフランスはLOバアマイナがノットリリースの反則、さらに相手につかみかかるなど苛立ちを隠せず。

アルゼンチンはその反則から得たペナルティからPKを成功させ、後半29分に21-20とついに逆転した。

勢いは完全にアルゼンチンだったが、フランスを救ったのはWTBロペス。

ロペスは後半29分に負傷したペノーに代わって出場するやいなや、ゴール正面から距離の長いドロップゴールを決め、フランスが23-21と逆転。

後半39分、アルゼンチンはFBボフェリがハーフウェイライン近く、45度の難しい位置からPKでゴールを狙った。

しかし、わずかに左にそれ逆転ならず。

その後、フランスは懸命に守り抜き、熱戦を23-21で勝利した。

【ハイライト動画】フランス代表vアルゼンチン代表

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合日程と会場、対戦組み合わせ、結果」

2017年11月2日