【ラグビーW杯】オーストラリアvフィジー戦試合結果。豪が39-21で勝利!

フィジー豪

オーストラリアvsフィジー戦試合結果

試合 ラグビーW杯プールD
対戦 オーストラリア代表vsフィジー代表
日時 2019年9月21日(土)13:45
場所  札幌ドーム
結果 オーストラリア代表 39-21 フィジー代表
観客数 36,482人
トライ オーストラリア6、フィジー2
MVP HOトル・ラトゥ(豪)

前半からフィジーがフィジカルで豪に優勢

W杯2試合目は前回大会準優勝のオーストラリアとフィジーの対戦。

フィジーは前半4分にSOボラボラのPGで3-0と先制。

さらに7分、自陣でキックをキャッチすると大きく右に展開、WTBトゥイソバが相手を弾いて前進、内に走り込んできたFLヤトがボールを受けてトライ。

フィジーが8-0とリードを広げた。

オーストラリアの反撃は前半17分。スクラムでフィジーを押し込み、BKへ展開。

アタックを重ね、最後はキャプテンのFLマイケル・フーパーがタックルされながらインゴールへ。スコアを7-8とした。

その後はタックルとブレイクダウンで優勢なフィジーがボールをキープ。

フィジーは22分と36分に連続でPGを決め14-7とした。

前半35分、オーストラリアはフィジーの反則などで陣地を獲得。ラインアウトからモールで押し込み、BKへ展開。

WTBリース・ホッジがトライを決めた。

前半はフィジーが14-12と2点リードし折り返した。

後半、フィットネスに勝るオーストラリアがフィジーを突き放す

後半スタート、アタックしていたオーストラリアはパスミスからボールをフィジーCTBナヤザレブに拾われ、そのままトライ。

フィジーは21-12としたが、勢いがあったのはここまでだった。

10分、地力に勝るオーストラリアはフィジーの反則からPGで15-21とした。

さらに、16分にはフィジーゴール前ラインアウトからモールで押し込みHOラトゥがトライし20-21と迫る。

フィジーは疲労から反則やミスを繰り返し劣勢、防戦一方に。

20分にはCTBボティアが反則で10分間の退場(シンビン)となった。

するとオーストラリアは21分、ラインアウトからモール押し込みトライ、25-21と逆転。

さらに28分にはCTBケレビ、31分にはWTBコロイベティがトライをとり39-21とフィジーを突き放しノーサイド。

前半は気合の入ったフィジーの強さと勢いが勝ったが、後半に入ると改題の規律とスタミナの差がハッキリと表れた形に。

フィジーは、この日活躍していた得点源のWTBトゥイソバが後半22分に怪我で退いたのも痛かった。

冷や汗をかいたオーストラリアは6トライ、ボーナスポイントも獲得し勝利。決勝T進出へ向けて第1関門を順調に突破した。[

【ハイライト動画】オーストラリア代表vフィジー代表

created by Rinker
asics(アシックス)
¥15,400 (2019/10/16 17:40:23時点 Amazon調べ-詳細)
ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合日程と会場、対戦組み合わせ、結果」

2017年11月2日