ラグビー日本代表vs南アフリカ代表の試合結果。日本は7-41で南アに完敗。

ラグビー日本代表

2019/9/6 日本v南ア(@熊谷)試合結果

日本代表のW杯前最後のテストマッチの相手は南アフリカ代表。

世界ランキングは日本の10位に対し、南アは5位。

ナイターでの開催となったが、試合会場の熊谷ラグビー場は気温29度と残暑厳しい中での試合に。

日本としては4年前のW杯の再現としたかったが、今回のW杯でも優勝候補になっているベストメンバーを揃えた南アの壁は高かった。

前半から南アが優勢、日本は防戦一方に

試合開始直後に日本にとっての想定外がいきなり訪れた。

日本のトライゲッターWTB福岡堅樹が足を痛めアタアタ・モエアキオラと交代、嫌な立ち上がりに。

前半7分、南アボールのスクラムで日本は耐えたものの、大外にいたWTBコルビまでボールを回され南アに先制トライを許した。

その直後、日本は南アゴール前まで攻め入ったものの、ノットリリースの反則でチャンスを逃す。

前半23分、SO田村優のハイパントを南アFBルールがクリーンキャッチ、パスを受けたWTBマピンピがタッチライン際を走り抜けてトライ。日本は0-14とリードを広げられた。

その後も日本は敵陣に入る事ができず、厳しい時間帯が続く。

前半30分、日本はスクラムで押し込まれると南アはアドバンテージがある状態でBKに展開、再びマピンピにトライを奪われた。

その後も南アはSOハンドレ・ポラードがPKを決め0-22で前半終了。

日本は前半終了間際にチャンスを得て相手ゴールに迫ったものの、南アの激しく強いDFに阻まれた。

後半、日本はトライを返すも南アに突き放される

後半スタート、日本はボールをキープしてアタック、南アは反則を繰り返す。

日本はトライを奪うべく南アゴール前でアタックを仕掛けるも、最後は南アキャプテンFLシヤ・コリシにボールを絡まれ、チャンスを逃した。

後半13分、南アはハイパントのボールを獲得すると大外にいたマピンピまでボールを回してトライ。マピンピはこの日3本目、ハットトリックを決めた。

日本のこの日唯一のトライは後半20分。

自陣で相手パスが乱れたボールを獲得すると、WTB松島までパスを回して松島がそのまま60m走りきりトライ、田村のキックも決まり7-27とした。

しかし後半33分、田村のパスがWTBコルビにインターセプトされそのままトライを許す。

さらに試合終了間際にはこの日初キャップとなったHO北出が前に落としたボールを南アに奪われ、SHヤンキースがトライ。

日本は南アに7-41で敗れた。

これまでのテストマッチでうまく機能していたキックもこの日は封じ込まれ、逆に南アに空中戦を支配された事が痛かった。

一方、スクラムは総じて安定、1対1のDFでも止める事ができた。

この日負傷のためメンバーに入らなかった堀江と姫野に続いて、福岡とマフィが負傷で交代になったのが不安要素に。

日本には厳しい試合となったがレベルの高い試合を経験、南アはW杯本番に向け好調であることを証明した。

ラグビー日本代表vs南ア代表ハイライト動画

ラグビー日本代表

日本代表vs南ア代表戦(@熊谷)の日本代表選手採点と評価

2019年9月7日
ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合の日程と試合会場、対戦組み合わせ」

2017年11月2日