ジェイミー・ジョセフがラグビーW杯後も日本代表HC継続へ

ラグビー日本代表メンバー

ジェイミー・ジョセフがW杯後も日本代表HC継続へ

男子15人制日本代表の強化委員長に就任した藤井雄一郎氏は「(ジョセフがHCを)継続して、次のHCにバトンタッチするのが自然な流れ」とコメントした。

7月に清宮副会長が「ジェイミーがそのまま継続すべき」と語ったが、強化委員長も同じ意見でW杯の成績に関わらずジェイミーのHC継続が既定路線のようだ。

思い起こせば2015年W杯でHCを務めたエディーが辞めた後は後任が決まらない「空白期間」が長引き、協会への批判が多く寄せられた。

2016年の6月のスコットランド戦ではサンウルブズHCのマーク・ハメットが代行HCとして日本代表を指揮。

ジェイミーは2016年にハイランダーズ(NZ)HCを退任し、9月から日本代表の仕事を本格化させた。

本来であれば4年に1回のW杯を大きな区切りとし、W杯前から後任HCを決めてスムーズに引き継ぐのが好ましい流れ。

今回は、日本協会の役員の大幅な変更があったのが2019年6月。

協会はゴタゴタ続きで、W杯のことで精一杯な状況。後任HCまで頭が回るような状況ではなかった。

ジェイミーに魅力的なオファーが来てそちらに行く可能性もあるが、日本としてはジェイミーが引き続きHCを務めるのがベストだろう。

次は協会の安定した体制とバックアップの元、次期HCも念頭においた運営が求められる。

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合の日程と試合会場、対戦組み合わせ」

2017年11月2日
ラグビーボール

ラグビーワールドカップ「チケット」価格と購入方法

2017年11月2日