日本代表グラント・ハッティングが怪我でW杯出場が絶望的に

Gハッティング

LOグラント・ハッティングが怪我でW杯の出場が絶望的に

日本代表LOグラント・ハッティング(神戸製鋼)が怪我により、W杯への出場が厳しくなった。

ハッティングは16日、自身のインスタグラムに「2019年のラグビーシーズンが終わりを迎えとても残念だ」と投稿。

「groin(鼠径部)の怪我が回復せず、リハビリに戻る」とし、ファンに感謝の言葉を述べた。

ハッティングは南アフリカ出身で、身長201cm、体重115kg、28才、ポジションはLO。

まだ代表資格はないものの、W杯開幕までに日本代表の資格を得る事ができるとされていた。

トップリーグではクボタ、神戸製鋼でプレー。

さらにサンウルブズでの活躍が認められ、6月に発表された日本代表の候補選手42名にも入っていた。

高身長を活かしたラインアウトのジャンパーとしてだけでなく、FLとしてもプレーできるスピードと運動量を誇る。

ただでさえ選手層の薄いLO。

怪我さえなければ、W杯でもチームの主力として活躍が期待されていただけに、日本代表にとっては大きな痛手になった。

グラント・ハッティング<インスタ>

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Grant Hattinghさん(@ghattingh)がシェアした投稿

created by Rinker
canterbury(カンタベリー)
¥31,000 (2019/11/17 11:40:34時点 Amazon調べ-詳細)
ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合日程と会場、対戦組み合わせ、結果」

2017年11月2日