ラグビーW杯「認知度67.9%」「関心あり37.2%」

data

ラグビーW杯「認知度67.9%」「関心あり37.2%」

世論調査を手がける中央調査社は2019年4月に行った「人気スポーツ全国調査」の結果を発表した(人気スポーツ報告書

最も好きなスポーツ選手はイチロー(26%)、羽生結弦(8%)、大谷翔平(6.4%)がTOP3。

好きなプロスポーツは、野球(42.8%)、サッカー(22.8%)、大相撲(20.1%)と、日本では野球の人気が圧倒的に高い。

東京オリンピックへの関心度は「75.7%」が関心ありと答えたのに対し、ラグビーW杯への関心度は「37.2%」にとどまった。

なお、ラグビーW杯日本大会を知っている人の割合は67.9%

東京オリンピックで楽しみな競技については、1位水泳(41.4%)、2位陸上(37.9%)、3位体操(31%)で、ラグビー(7人制)は20位(5%)という結果に。

平成に起こったスポーツの印象的な出来事では、1位が「大坂なおみ全米オープンで優勝」

ラグビーファンとしては残念なことに、日本代表の南ア撃破はランクインせず。

ここでは、ラグビー関係の内容を中心にご案内。

ラグビーワールドカップ日本大会の「認知度」

ラグビーワールドカップ日本大会の認知度

ラグビーW杯が日本で開催されることを知っている人は67.9%

性別・年代別では「40代〜60代の男性」は80%以上が知っているのに対し、「20代、30代の女性」は50%程度になった。

ラグビーワールドカップ日本大会への「関心度」

rugby

ラグビーW杯に興味がある人は合計で37.2%

「非常に関心がある(6.4%)」がラグビーのコアファンといえそうだ。

東京オリンピックで楽しみな競技

東京オリンピックで楽しみな競技

東京五輪で楽しみな競技で、7人制ラグビーは20位という結果になった。

前回のリオ五輪で男子代表がNZを敗るなどして4位になったが、まだ五輪の競技でラグビーがあると知っている人は少ないのではないか。

ラグビーW杯まで100日を切り、メディアでW杯や日本代表が取り上げられることが多くなった。

W杯開催期間中は間違いなく盛り上がるだろう。

しかし、ラグビーに関心がある人ですら「ラグビーW杯での日本代表」には興味があるものの、「トップリーグ」や「スーパーラグビー」には興味がない人が多い。

これら潜在的ラグビーファンの関心をどう繋ぎ止めるのかが重要だ。

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合日程と会場、対戦組み合わせ、結果」

2017年11月2日
ペナルティ

「ラグビーのルール」初心者でもラグビーを簡単に理解できるポイント

2018年12月5日