古瀬鈴之佑巡査にラグビー日本代表選手が動画でメッセージ

古瀬鈴之佑巡査

古瀬鈴之佑巡査にラグビー日本代表選手がメッセージ

先日、大阪府吹田市の交番で古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査(26才)が突然襲撃され、拳銃が奪われる事件が発生した。

事件の翌日に飯森裕次郎容疑者が逮捕され拳銃も確保されたが、古瀬巡査は意識不明の重体に。

古瀬巡査は福岡の小学校時代にラグビーを始め、佐賀工業→東海大学でもラグビー部で活躍した元ラガーマン。

五郎丸歩(ヤマハ)は高校の先輩にあたり、日本代表候補である布巻峻介、福岡堅樹、流大らも一緒にプレーしたことがあるという。

東海大学では北出卓也と同級生、代表キャプテンのリーチは先輩だ。

現在、日本代表はW杯に向け宮崎で合宿中だが、選手全員が古瀬巡査に向けて「鈴之佑頑張れ!」とエールを送った。

今後、選手のサイン入りの代表ジャージーを贈ることも決定。

古瀬巡査は2回にわたる手術を受け、少しずつ快方に向かっているという。

代表選手から贈られた日本代表ジャージを着て、スタジアムでラグビーW杯を観戦できるまで回復することを祈りたい。

ラグビー日本代表メッセージ

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会「全試合の日程と試合会場、対戦組み合わせ」

2017年11月2日