五郎丸歩の現在は?なぜW杯日本代表メンバーに選ばれない?

五郎丸歩

五郎丸歩の今は?引退?なぜラグビー日本代表選ばれない?

ラグビーワールドカップ2019日本大会が盛り上がっている。

日本代表の試合をみて、「あれっ?五郎丸は?」と思った方も多いようだ。

2015年W杯で日本代表の中心選手として活躍し、ゴールキック前の「五郎丸ポーズ」を真似する人が続出するなど、日本にラグビーブームをもたらした五郎丸。

W杯後はTV出演が相次ぎ、CM・雑誌にも多数起用されるなどグラウンド外でも活躍が目立った。

いまだにラグビー選手といえば「五郎丸」と答える人が多い。

その圧倒的知名度を誇る五郎丸が日本で開催されるW杯には出場しないというから「あれ?」と疑問に思うのも無理はない。

五郎丸はまだ引退しておらず、日本の社会人ラグビー(トップリーグ)ヤマハ発動機でプレーを続けている。

ここでは2015年W杯から今までの五郎丸の歩みを振り返り、なぜ五郎丸が代表に選ばれないかをまとめてみた。

メディアによって作りあげられたヒーロー「五郎丸歩」

五郎丸は2015年ラグビーW杯イングランド大会で活躍した元日本代表選手。

選手としては、正確なキックと強いフィジカル、リーダーシップなどが評価され日本代表に選出。

2015年大会ではFBという最後尾のポジションでレギュラーとしてプレー、ゴールキックを蹴る「キッカー」としての役割を果たしていた。

五郎丸もトライをとった南ア戦で日本が歴史的大勝利を成し遂げ、日本にラグビーブームが訪れたのはご存知の通り。

その中で「端正なルックス」「インパクトのある名前」「独特なキックポーズ」などの理由から、五郎丸が突出してメディアで取り上げられた。

2015年W杯で日本代表のMVPを挙げるとすれば、キャプテンのリーチマイケルかトンプソンルークのどちらかの名前を挙げる人が多い。

五郎丸のW杯でのキック成功率は78%。

他国の選手と比較しても平均レベルで特別優秀という訳ではなかった。

ところが、メディアの五郎丸推しはヒートアップ。

W杯後もブームは継続し、2015年の流行語大賞候補には「五郎丸ポーズ」がノミネート。

水面下では大賞に決まっていたが、五郎丸は日本代表の戦い方である「ジャパンウェイ」がよかったとコメントし、授賞式を欠席。

自分ばかり取り上げられることに五郎丸も違和感を感じていたようだ。

オーストラリア・フランスと海外へ挑戦

突然フィーバーが訪れ、街を歩くのも大変になった五郎丸。

そのことも影響したのかもしれないが、海外で挑戦することになった。

2016年に世界最高峰のプロラグビーリーグ「スーパーラグビー」の「レッズ(豪)」に移籍。

しかし、レッズではレギュラーを獲得することはできず、5月には肩を脱臼して手術を受けるなど結果を出すことができなかった。

その後、レッズからフランスのビッククラブ「RCトゥーロン」に移籍。

トゥーロンでも出場機会を得られず、2017年に古巣のヤマハ発動機に戻り、現在に至っている。

レッズやトゥーロンからするとマーケティングの意味合いもあったと思うが、五郎丸の海外挑戦は不本意な結果に終わった。

そもそも日本人選手が海外のプロラグビーリーグで活躍するのは大変なこと。

これまでも海外でレギュラーとして活躍した日本の選手はリーチマイケル (NZ、チーフス)とマフィ(豪、レベルズ)の2人しかいない。

ジェイミー・ジョセフHCは五郎丸を「構想外」と明言

五郎丸は日本人のバックスの選手としては大柄で強いフィジカルを持っているものの、足が遅いのが弱点。

現在の日本代表HC、ジェイミー・ジョセフは五郎丸の後任として身体能力の高いトゥポウや、神戸製鋼で活躍した山中を評価している。

また、選手選考にあたっては複数のポジションをこなせる器用さも重視している。

ジョセフHCは代表に呼ばない五郎丸について報道陣から何度も質問が相次いだ結果、「構想外」と選手個人に対して異例の説明を行った。

五郎丸自身もこの内容を受けてか「日本代表は2015年W杯で引退」と話すように。

通常、現役を続けている選手は代表入りを目指す。

2016年6月に日本で行われた「日本vsスコットランド」のテストマッチの際、五郎丸は怪我でプレーできなかったがスタジアムで観戦していた。

少なくともこの時は代表入りを目指していたはずだ。

ましてや今回は自国で開催されるW杯。プロ選手ということもあり、出場して活躍したいと思うはずだが。。

2015年W杯で活躍したベテランの山田章仁や立川理道は今回のW杯メンバーになる事はできなかったが、代表入りを公言し最後までアピールしたのとは対照的だ。

同じく現役の畠山健介は日テレの解説者としてTVに出演しているが「選手として(W杯に)出たかった」と述べている。

推測になるが、五郎丸は怪我をして海外でなかなか出場機会を得られず、さらにHCの構想から外れたことを受け、「代表は2015年W杯で引退」としたのではないだろうか。

しかし、W杯期間中はグラウンド外で五郎丸の姿を多く見ることができそうだ。

W杯のTV放映権を買ったNHKは五郎丸を試合の解説やプロモーションを担当するナビゲーターに起用。

圧倒的知名度を誇る五郎丸へのオファーはその他にも殺到するだろう。

五郎丸の試合解説やTVでのトークは非常に上手で分かりやすい。

残念ながらW杯日本大会で五郎丸のプレー姿をみることはできないが、これまでの経験を活かしメディアで活躍することを期待したい。

ラグビー日本代表W杯2019(公式)新ジャージ
created by Rinker
エリスカップ

ラグビーワールドカップ「決勝トーナメント表」

2019年10月10日
テレビ

【TV放送】ラグビーW杯2019「全試合」テレビ中継日程

2018年9月20日