海外プロラグビーリーグのまとめ

ラグビーカレンダー

海外プロラグビーリーグのまとめ

日本では最高峰のリーグとして企業のラグビー部で構成される「トップリーグ」が国内ラグビーを牽引している。

海外の強豪国にはプロリーグがあり、基本的に代表の選手は自国のプロチームでプレーしている。

ここでは、主な海外のプロリーグをご紹介。

フランス「TOP14」

TOP14は1892年に発足したフランスのプロラグビーリーグ。

観客動員や収益は最も多く、8月下旬〜翌年6月に渡り熱い戦いが繰り広げられる。

金銭的な魅力もあり、フランス以外の各国代表クラスの選手も多くプレーしている。

チーム数は14チーム、各チームH&Aで26試合戦い上位6チームがプレーオフへ進出。

下位2チームは傘下の「プロD2」へ降格する。

テレビではWOWOW で各節2試合中継。

イングランド「プレミアシップ」

プレミアシップは1987年に発足したイングランドのプロラグビーリーグ。

なお、イングランドのサッカーリーグは「プレミアリーグ」

イングランド代表選手はプレミアシップでプレーしている選手から選出される。

チーム数は12チーム、9月から5月にかけてH&Aで22試合戦い、上位4チームがプレーオフに進出する。

テレビ(ネット)ではDAZNで各節2試合生中継。

「プロ14」

プロ14は、2001年に発足したスコットランド、ウェールズ、アイルランド、イタリア、南アの5ヶ国、14チームから構成されるリーグ。

2017年にチーターズとキングスの南ア2チームがスーパーラグビーから除外され、プロ12に加わったことにより「プロ14」になった。

各チーム9月から5月にかけて21試合戦い、A・Bカンファレンス上位3チーム、計6チームがプレーオフに進出する。

14チームの中でもアイルランドのチームが強く、優勝回数も多い。

「欧州ラグビーチャンピオンズカップ」

欧州ラグビーチャンピオンズカップ(European Rugby Champions Cup)はTOP14、プレミアシップ、プロ14の前年度の成績上位チームによる大会。

TOP14とプレミアシップからそれぞれ6チーム、プロ14から7チーム、プレーオフの1チーム、計20チームが参加する。

スーパーラグビーが南半球No.1を決めるのに対し、こちらは欧州No.1を決める大会。

10月に始まる予選ではプール1〜5の5組に分かれてH&Aで各チーム6試合行う。

各プール1位の5チームと2位の勝点上位3チームの計8チームが3月に始まるプレーオフに進出する。

テレビ(ネット)ではDAZNで生中継。

米「メジャーリーグラグビー」

メジャーリーグラグビー(MLR)は2018年に発足したアメリカとカナダの2ヶ国によるプロリーグ。

選手は南米、欧州、南ア、オセアニアと世界中から集まってきている。

現在は9チーム、2020年からは3チーム増え12チームになる予定。

シーズンは1月から6月まで、各チームH&Aで16試合を戦い、上位4チームがプレーオフへ進む。

試合レベルや観客動員などはまだ発展途上ながら、今後の大きな発展に期待がかかるリーグ。

スーパーラグビー

日本のサンウルブズも参戦しているため日本のラグビーファンにもお馴染みなのがスーパーラグビー(SR)

NZ、豪、南ア、アルゼンチン、日本の5か国、計15チームが参加、最もハイレベルなリーグだ。

シーズンは2月〜6月、2019年度は16試合戦い、上位の8チームがプレーオフに進出する。

サンウルブズは2020年度でSRから離脱することが決定。

2021年度からは14チームによる総当たり戦へと変更になる。