ダン・カーターの年棒は?NZ紙が月給1,200万円と報道

トップリーグ

ダン・カーターの年棒は?NZ紙が月給1,200万円と報道

2018年神戸製鋼に加入するやいなや、チームの司令塔として優勝に大きく貢献したダン・カーター(Dan Carter)

カーターは世界のラグビーファンであれば知らない人がいない程のスターだが(カーターの凄さとは?)、プレーだけでなくリーダーシップや人柄も尊敬されている。

そんなスター選手がどれくらいの年棒を貰っているか?というのはファンであれば気になるところ。

野球やサッカーの選手とは異なり、日本のラグビーのプロ選手の年棒は公表されることはないが、NZメディアがカーターの給料を報道した(stuff.co.nz

その額は月給で165,000NZドル(約1,200万円)とのこと。

カーターと神戸製鋼の契約内容の詳細は不明だが、ラグビーのトップリーグの公式戦が開催されるのは約5ヶ月間、その前の準備期間も含めて契約期間を年8ヶ月間とした場合、年棒は9,600万円となる。

ちなみに日本人のプロ選手の年棒は500万円〜2000万円が相場とされる。

カーターがトップリーグではトップクラスの年棒を手にしているのは間違いなく、日本人選手もカーターのようにビックマネーを稼ぐ選手が増えると、プロラグビー選手になりたいという子供が増えるだろう。

日本人の中から1億円プレーヤーが登場するのを期待したい。

ダン・カーター(Dan Carter)

ラグビーNZ代表

オールブラックスが最強であり続ける理由

2018年9月14日
ハカ

ハカ(NZ代表オールブラックス)の歴史と種類。なぜラグビーの試合前に踊る?

2018年9月16日