世界で1試合あたりの観客数が最も多いスポーツの大会(イベント)は?

シックスネーションズ

世界で最も1試合あたりの観客が多いスポーツの大会は?

大坂なおみの全豪オープン制覇、サッカー日本代表のアジアカップ(準優勝)、ここのところ日本ではスポーツが列島を沸かしている。

9月にはラグビーW杯、来年にはオリンピックと日本では2年連続で世界的なビックイベントが開催、スポーツが日本を明るくしてくれそうだ。

日本において人気のスポーツと言えば野球、サッカー、相撲などが頭に浮かぶ。

バスケもBリーグがスタートし、ニュース等で目にする機会が増えてきた。

残念ながらラグビーはメジャーとは言えないが、W杯開催を機に競技人口と人気を増やしたいところ。

ここでは世界に目を向けて「世界で最も観客動員が多いスポーツイベント」をご紹介したい。

1試合の観客動員が多いスポーツイベントTOP20

順位 イベント スポーツ 開催地 観客数 総観客数
1 シックスネーションズ ラグビー 欧州 72,000 108万
2 NFL アメフト 68,400 1,751万
3 サッカーW杯 サッカー ブラジル 53,592 343万
4 ラグビーW杯 ラグビー イギリス 51,621 247万
5 UEFA欧州選手権 サッカー ウクライナ 46,481 144万
6 NCAA Div I アメフト 北米 43,933 3,791万
7 ブンデスリーガ サッカー ドイツ 43,300 1,324万
8 CONCACAF Gold Cup サッカー 北米 41,938 109万
9 UCL KO phases サッカー 世界 40,997 512万
10 プレミアリーグ サッカー イングランド 36,461 1,385万
11 AFL Aussie Rules 33,428 688万
12 Indian Premier League クリケット インド 32,800 200万
13 メジャーリーグ 野球 北米 30,517 7,376万
14 Big bash cricket クリケット 29,443 103万
15 ラ・リーガ サッカー スペイン 28,568 1,072万
16 プロ野球 野球 日本 28,241 2,489万
17 Indian Super League サッカー インド 26,376 147万
18 Liga MX サッカー メキシコ 26,263 800万
19 サッカーW杯女子 サッカー カナダ 26,029 135万
20 CFL アメフト カナダ 24,576 211万

スポーツで「1試合あたりの観客動員」が最も多いのは、上表の通りラグビーの欧州六カ国対抗戦「シックス・ネーションズ(6N’s)

イングランド、フランス、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、イタリアの六カ国が毎年2月,3月に対戦する、歴史ある大会(1883年〜)だ。

2019年大会は2月2日(土)に開幕(日程と結果速報

6N’sは各国の巨大スタジアムが毎試合満員になるほど盛り上がる大会で、1試合あたりの平均観客数はなんと72,000人。

なお、2018年11月にラグビー日本代表が6N’sの試合会場でもあるトゥイッケナムでイングランド代表と対戦した時の観客数は「81,151人」

ヨーロッパにおけるラグビー人気の高さがよく分かる。

TOP20ではサッカーの大会が一番多いが、16位には日本のプロ野球(NPB)がランクイン(28,241人)

しかし、基準を「総」観客数にするとプロ野球は世界で3位、2,489万人を動員するビックイベントだ。

プロ野球は年間143試合と試合数が多いため総観客数も多くなるが、この数字を見るとプロ野球選手の年棒が高い理由がよく分かる。

なお、「シックス・ネーションズ2019」はWOWOW でテレビ観戦できるので、世界で最も盛り上がる大会を体験して欲しい。

WOWOW は加入月は無料なので2月に加入→3月に解約すれば1ヵ月分の2,484円のみで6N’s全試合を観戦することが可能だ(WOWOW公式

※表データのソースはUEFA(欧州サッカー連盟)のレポート「The European Club Footballing Landscape

基準年は2015年、数年に1回開催される大会は2015年の直近年を掲載しているとのこと。

シックスネーションズはWOWOWで生放送

sixnations

6NSはWOWOWで全試合生中継!

初月無料、翌月から「全額2,484円(税込)」映画や音楽も見放題!手続きはネットで簡単、所要時間約15分。

シックス・ネーションズ2019「試合日程」と「結果速報」

2019年1月11日