2018年度全国大学ラグビー選手権の試合日程と結果速報、トーナメント表

rugby

2018年全国大学ラグビー選手権

大学ラグビー選手権トーナメント表

明大ラグビー部

大学ラグビー結果速報

1月12日(土)「決勝戦」

時間 場所 対戦
14:15 秩父宮 明治 22-17 天理

1月2日(水)「準決勝」

時間 場所 対戦
12:20 秩父宮 早大 27-31 ○明治
14:10 天理 29-7 帝京

12月22日(土)「準々決勝」

時間 場所 対戦
12:05 秩父宮 早大 20-19 慶応
金鳥 東海 15-18 ○明治
14:05 金鳥 天理 30-17 大東
14:20 秩父宮 帝京 45-0 流経

12月16日(日)「3回戦」

時間 場所 結果
12:05 熊谷 流経 63-26 福工
金鳥 慶応 43-25 京産
14:05 熊谷 大東 31-7 筑波
金鳥 立命 19-50 ○明治

大学選手権10連覇を目指した帝京大学は準決勝で関西王者天理大学に完敗し、帝京の連覇は「9」でストップ。

天理はスクラムで帝京を圧倒、固いDFは終始崩れることなく帝京に1トライしか許さなかった。

学生日本一を決める大学選手権決勝は「天理」と、準決勝の早明戦を制した「明治」の戦いに。

試合は2019年1月12日(土)14:15〜秩父宮ラグビー場で開催された。

最初にスコアしたのは天理。試合開始直後、明治のミスから得たチャンスをしっかりトライに繋げ先制した。

その後はBKの展開力で勝る明治が連続トライで逆転、前半は明治が12-5とリードし折り返した。

後半、天理はラインアウトでのマイボール確保に苦しんだものの、後半29分と35分に連続でトライをあげ明治に5点差まで迫った。

しかし最後のアタックで痛恨のノックオンでノーサイド。

明治大学が22-17で勝利し、22年ぶり13回目の優勝を勝ち取った。

大学選手権での歴代優勝回数は早稲田15回、明治13回、帝京9回。天理の初優勝は持ち越しに。

中野将伍

大学ラグビー2018(関東対抗戦、リーグ戦、関西リーグ戦)試合日程と結果速報・最新順位

2018年9月4日