11/18日本代表vsイングランド代表の試合結果。日本は15-35で逆転負け

イングランド代表

2018/11/18日本vイングランド(トゥイッケナム)の結果

2018年11月18日(日)ラグビー日本代表はラグビーの聖地「トゥイッケナム・スタジアム」でイングランド代表と対戦した。

世界最大のラグビー専用スタジアムに集まった観客数はなんと81,151人。

ラグビーの母国での超アウェイでの試合だったが、日本代表は雰囲気に呑まれることなくプレー。

8万人を超えるファンが静まり返る場面も作ったが、最後は地力に勝るイングランドに突き放され大金星とはならなかった。

前半、先制トライを奪われるも日本が逆転し折り返す

18日(日)日本時間午前0時にキックオフ。

前半3分、日本はSO田村優が敵陣へキック、そのボールをイングランドFBエリオット・デイリーがキャッチし、さらにWTBジョー・ココナジーガがビックゲイン。

サポートに入った SHダニー・ケアがパスを受けて、日本は立ち上がりにあっさりとカウンターから先制トライを許した(0-7)

その後は日本がボールをキープする時間が続く。そして16分、田村のPGで3点を返し3-7とした。

19分、日本はWTB14山田章仁がインターセプトし大きくゲイン、その後イングランドはHOジェイミー・ジョージが反則でシンビンに。

数的優位となった日本は敵ゴール前のマイボールスクラムからSH田中史朗→CTB12中村亮土にパス、中村が相手DF間を突破してゴールポスト下にトライ、10-7と逆転した。

28分にイングランドはFBデイリーがハーフウェイライン付近からのロングPGを決め10-10の同点に。

しかしその直後、日本はキックやオフロードでテンポよく次々にボールを繋ぎゲイン。

山田が相手に捕まりながらも大外にいたFLリーチマイケルにパス、リーチは相手のタックルを弾いてゲインし、インゴールへ飛び込みトライ!

トゥイッケナムは本当に8万人もの大観衆がいるのかと思うほど静まり返った。

田村のゴールキックは決まらなかったものの日本は15-10と再度逆転。

前半は15-10と日本代表がイングランド相手に5点リードして折り返した。

後半、メンバー交代などでイングランドが息を吹き返す

後半スタート。

ハーフタイムでエディー・ジョーンズHCが檄を飛ばしたのか、イングランドはアタックに激しさが増す。

6分にはこの日初めてイングランド代表の応援歌「スウィングロー・スウィートチャリオット」の大合唱がスタジアムに響いた。

イングランドはSOオーウェン・ファレル、PRカイル・シンクラーら温存していた主力メンバーを投入。さらに前半多かった反則も少なくなり、しっかり修正してきた。

日本は姫野のジャッカルなどでピンチを凌いだものの、後半15分にスクラムを押されて反則を取られPGを決められる(15-13)

19分、イングランドはラック近くで徐々にゲイン、日本はジリジリとDFラインを下げられる。

ゴール前まで攻め込まれると、SOジョージ・フォードからのパスを受けたFLマーク・ウィルソンがトライ。

日本は15-20と逆転を許した。

その後のプレーでも日本はハンドリングエラーなどから陣地を失い、さらにペナルティからPGを決められスコアは15-23に。

30分にはハイパントのコンテストから落ちたボールを拾われ、イングランドWTBココナジーガがトライ。

その3分後にはラインアウト→モールを押し込まれてトライを許しスコアは15-35、このままノーサイドに。

日本は攻めた前半から一転、後半は守る時間帯が多くなりスコアできず、終わってみれば15-35と20点差がついて試合に敗れた。

後半はスクラムで押されたのと、足が止まってサポートが遅れブレイクダウンで劣勢となったのが勝敗の分かれ目に。

イングランドは後半から出場した主将オーウェン・ファレルのゲームメイクや気合の入ったプレー、存在感が見事だった。

相手のイングランドは世界ランキング4位(日本は11位)でアウェイでの試合。

前半リードして折り返したことから日本にとっては「善戦」とも言えるが、最終的には地力の差が出てランキング通りの試合結果となった。

イングランドvs日本ハイライト動画

日本代表

日本代表vsイングランド代表戦の日本代表選手採点と評価

2018年11月18日
Twickenham

2018年11月各国ラグビー代表戦(テストマッチ)の試合日程と結果

2018年10月11日