ラグビーのルール8【重い反則(オフサイド)編】

ラグビーオフサイド

ラグビーのルール【オフサイド編】

前回のロールアウェイやノットリリースと同様に分かりにくいのが今回のオフサイド。

オフサイドも「重い反則」に該当し、相手にペナルティキックを与えることになる。

オフサイドは「プレーしてはいけない位置でプレーする」という意味においてはサッカーもラグビーも同じだが、ラグビーの場合は様々な局面において発生するうえ複雑だ。

しかし、基本的な考え方さえ理解すれば、ラグビー観戦を楽しむうえでは充分。

ここではラインアウト、スクラム、ラック、モールでのオフサイドを中心にご紹介する。

ラグビーのルール「オフサイド(重い反則)」

「ラインアウト時」のオフサイド

ラインアウトでのオフサイド

ラインアウトでは中心線(ラインオブタッチ)から、10m後方にオフサイドラインが設定され、両チームのBKの選手(SH除く)は中心線から10m下がらなければならない。

スローワーの投げたボールがジャンパーによりタップされたり、地面に転がった場合、ラインアウトからパスやキックなどによりボールが出るとオフサイドラインも解消となる。

ラインアウトのオフサイド

↑のようにラインオブタッチからゴールラインまでが10m離れていない時は、ゴールラインがオフサイドラインとなる。

「スクラム時」のオフサイド

ラグビーオフサイド

スクラムの際は、スクラムの最後尾NO.8の選手から5m後方にオフサイドラインが設定される。

「ラック時」のオフサイド

ラックオフサイド

ラックの際のオフサイドは「四角のボックス」を想像すると理解しやすい。

↑の場合、右から左に攻めているチーム(白&ピンク)の選手は、ラック内の最後尾の選手の後ろ(ピンクの線)から入らなければならない。

仮にラックの横にいた場合、一旦後方に戻って後ろ(ピンクの線)から入る必要があり、横(黒の線)から入った場合はオフサイドとなる。

ラック

BKの選手もボールが出るまでは、ラックの最後尾の選手より後方にポジショニングする必要ある。

↑の時点で「青丸の位置」にいる選手はオフサイドに。

「モール時」のオフサイド

モールオフサイド

モール時も、ラック同様に「四角のボックス」をイメージしよう。

↑はサンウルブズ(赤)がトライをとるべく、ブランビーズ(青)をモールで押し込んでいる場面。

この時も両チームそれぞれ、モールの最後尾の選手がいる場所にオフサイドラインができる。

ブランビーズ(青)の選手がモールに参加する場合は、後ろから青の線を越えて入ればOK、しかし横(黒の線)から入った場合はオフサイドになる。

ラック・モール時は四角のボックスをイメージし、後ろから入らなければならない事を理解しよう。

その他のオフサイド

ラグビーはボールを持っている選手より前にいる選手はプレーすることができないという原則がある。

例えばSOの選手がハイパント(高く舞い上がるキック)をした時を想像して欲しい。

キックした時点でSOの選手よりも前にいる選手は、SOの選手に追い越されるまでプレーすることができず、プレーした場合はオフサイドになる。

また、ノックオンした選手よりも前にいた味方の選手がその落ちたボールに触れた場合は「ノックオンオフサイド」、ボールを持った選手が自分よりも前にいる味方の選手とぶつかった場合は「アクシデンタルオフサイド」になる。

「ノックオンオフサイド」はペナルティーキック、「アクシデンタルオフサイド」はスクラムにて再開する。

ラグビーのルール「オフサイド」を動画で学ぶ

ラック・モールでのオフサイド

オフサイド全般

ラグビーのルール「オフサイド編」まとめ

トップリーグ
  • プレーしてはいけない位置でプレーするのがオフサイド
  • ラインアウト時に両チームのBKは10m下がる
  • スクラム時にBKはNo.8より5m下がる
  • ラック・モール時は最後尾の選手の後方から入る
  • ボールを持っている選手より前にいる選手はプレーすることができない

ラックやタックル時に発生する反則に続いて、今回はオフサイドと難しい回が続いた。

そこで次はこれまで学んだラグビーの反則を一覧形式にてまとめてみた。しっかり復習しよう。

ラグビーのルール9【反則まとめ編】

2018.11.10

ラグビーのルール!初心者向けに基本から解説【目次】

2018.11.05