ラグビーのルール1【超基本編】

熊谷ラグビー場全体

ラグビーのルール【人数・時間・得点・フィールド】

ラグビーの初心者向けルール解説シリーズ第1弾は「超」基本編。

プレーする人数、時間、得点、フィールドのラインの名称など、ラグビーのルールを理解するうえでの基本の「キ」をしっかり理解しよう。

ラグビーの「プレー人数」

ラグビー人数
  • FW(フォワード)8名
  • BK(バックス)7名

ラグビーはFW/BKに分かれ、FWはスクラムを組む8名、BKはスクラムの後方でラインを形成する7名。

ピッチに立ってプレーする選手は1チーム15名、合計30名で試合を行う。

代表のテストマッチ(公式戦)では、リザーブ(控え)は8名。

つまり、試合登録メンバーは先発15名とリザーブ8名の合計23名がエントリーされる。

ラグビーの「試合時間」

  • 前半40分
  • 後半40分
  • ハーフタイム15分以下

ラグビーのプレー時間は前後半40分、その間のハーフタイムが15分以下。

前後半40分の時点になると終了のホーンが鳴り、その後プレーが途切れると終了する。

試合が終了することを「ノーサイド」とも言う。

高校生は前後半それぞれ30分にて行われる。

ラグビーの「得点方法」

トライ
  • トライ(5点)
  • コンバージョンゴール(2点)
  • ペナルティゴール(3点)
  • 認定(ペナルティ)トライ(7点)
  • ドロップゴール(3点)

相手のゴールラインを超えてボールを押さえる「トライ(T)」をとるとその時点で5点。

トライ後にトライ地点からの延長線上でゴールキックを行うのが「コンバージョンゴール(G)」で、これが決まると2点。

つまり、トライとその後のコンバージョンを決めることで計7点獲得することができる。

認定トライとは、ディフェンス側の反則がなければ確実にトライできた場面に適用されるもので、キックなしでアタック側に7点入る。

ペナルティを得たチームが、その地点からキックを行い「ペナルティゴール(PG)」が決まると3点入る。

「ドロップゴール(DG)」とはボールを地面にバウンドさせ、弾んだボールをキックしてゴールポストに入れるもので、これも決まれば3点。

ドロップゴールは接戦で迎えた試合終盤などの局面で狙うケースが多い(ページ下に動画)

ラグビーの「フィールド」

rugyfield

・10mライン

10mラインは試合開始直後やトライ後の「キックオフ」時に、ハーフウェイライン上から、このラインを超えるようボールを蹴る必要がある。

10mラインを超えることができなければ相手ボールのスクラムで再開。

・タッチライン

フィールド横の長いラインがタッチライン。

ボールやボールを持った選手がタッチラインを超えたら(出されたら)、ラインアウトから再開する。

・22mライン

アタックしているチームは自陣22mラインよりも手前からボールをタッチラインの外に蹴り出し、陣地を獲得(ピンチを脱出)する。

この場合、ラインを出た地点から、相手ボールのラインアウトとなる。

自陣22mラインよりも敵側でキックしたボールが直接タッチラインに出た場合は「ダイレクトタッチ」となり、キックした時点に戻り相手ボールのラインアウトになる。

つまり、自陣22mラインよりも「手前」で蹴ったのか、それとも「相手側」で蹴ったのかにより、その後のプレーが大きく変わることがある。

この点については別途詳細を説明するので現時点でも分からなくてもOK。

ここでは「10mライン」「20mライン」「タッチライン」の3つの名称とラインの位置を覚えよう。

ラグビーの基本ルールを動画で学ぶ

ラグビー(魅力、人数、得点、ゴールキック等)

ドロップゴール(W杯でのベスト5)

ラグビーのルール「超基本編」まとめ

五郎丸
  • プレー人数はFW8名/BK7名の計15名
  • 試合時間は前後半それぞれ40分
  • ラインで重要なのは「10mライン」「22mライン」「タッチライン」
  • 得点方法
     トライ→5点
     トライ後のゴール→2点
     ペナルティゴール→3点

ここで紹介した内容は全てラグビーの基本となることばかり。

覚えることは人数、時間、得点方法、フィールドの重要なライン3つと少ないのでしっかり理解しよう。

次の「ポジション編」では、各ポジション毎に求められる役割を解説する。

ラグビーのルール2【FW/BK各ポジション編】

2018.11.06

ラグビーのルール!初心者向けに基本から解説【目次】

2018.11.05