10/27NZvsオーストラリア@横浜日産の試合結果。オールブラックスが37-20で完勝!

NZvAU

2018/10/27NZ代表v豪代表(@日産)の試合結果

2018年10月27日(土)、ラグビーNZ代表とオーストラリア代表のテストマッチが横浜の日産スタジアムで行われた。

訪れた観客は、昨年11月に同じ日産スタジアムで行われた日本代表vsオーストラリア代表戦の43,621人よりも多い「46,143人」

注目されたNZ代表「オールブラックス」の「ハカ」は、日本では初披露となった「カパオパンゴ」だった。

この日横浜は朝は雨が降っていたものの、午後になると快晴になりこの時期にしては暑い気温25度の中、試合が始まった。

前半からNZ優勢で試合が進む

最初にチャンスが訪れたのはオーストラリア。

相手のキックボールを獲得したCTBイズラエル・フォラウ(ワラターズ)がゲイン、さらにボールを繋いでFBデイン・ハイレットペティ(レベルズ)がゴールに迫った。

しかしNZのLOスコット・バレット(クルセイダーズ)がハイレットペティをタックルでタッチラインの外に出しトライならず。

その後、NZがボールをキープするもオーストラリアも粘り強いディフェンスでスコアを許さなかった。

しかし前半10分、NZは連続攻撃で徐々にゲイン、最後はFLリーアム・スクワイア(ハイランダーズ)がDF間を突破し先制トライ、NZが7-0とした。

オーストラリアは20分にSOバーナード・フォーリー(ワラターズ)のPGで3点返すも、NZもすぐさまボーデン・バレット(ハリケーンズ)がPGを決めスコアは10-3に。

攻めるNZ、守るオーストラリアという時間帯が続く。

35分、NZはスクラムからNO.8キアラン・リード(クルセイダーズ)がサイドアタック、オーストラリアFLネド・ハニガン(ワラターズ)の出足が遅れてトライ、NZが17-3とリードを広げた。

これ以上離されたくないオーストラリアは前半終了間際、BKがオフロード等でボールをつなぎ、WTBセファナイア・ナイヴァル(レベルズ)がトライ。

前半はNZが17-10と7点リードして折り返した。

スクラムはNZがやや優勢、朝に雨が降ったこともあってかハンドリングエラーが多い前半だった。

後半もNZが優勢、オーストラリアのシンビンで勝負が決まる

後半スタート。

前半同様、最初はオーストラリアがランとオフロードで攻め、相手ゴールに迫った。

そしてLOロブ・シモンズがゴールポスト下に飛び込んだが、NZ選手に阻まれグラウンディングできずトライを逃す。

両チームPGを決めてスコアはNZ20-13に。

オールブラックスのFLアーディー・サヴェア(ハリケーンズ)、オーストラリアNo.8デイヴィッド・ポーコック(ブランビーズ)が共にジャッカルを決めるなど、見応えのある展開に。

後半20分、NZはスクラムからSOバレットがボールを受け、逆サイドのWTBリーコ・イオアネ(ブルーズ)にパス→リーコがオフロードでバレットにパスを返してトライ。

これぞオールブラックスのプレー!と思わせるトライで日産スタジアムが沸いた。

その後、オーストラリアはHOトル・ラトゥ(ワラターズ)がスクラムでトイメンのNZコーディー・テイラーの挑発に乗って、顔を張り手しシンビン(10分間の退場)に。

なんとかフォラウのトライで一矢報いたものの、さらにNZに2トライを許して37-20でノーサイド。

NZ代表は日本でも王者の強さを見せつけた(オールブラックスが強い理由

マン・オブ・ザ・マッチはNZのWTBリーコ・イオアネ。

オーストラリアはSOフォーリー、CTBフォラウ、途中から入ったCTBケレヴィなどがアタックを牽引し攻め立てたものの、組織力と確実性に勝るNZには及ばなかった。

NZはこの後主力組はイングランドへ出発、若手主体のwider squadのメンバーが主体となって日本代表と11月3日(土)に味スタで試合を行う。

2018/10/27 NZ代表vs豪代表、ハイライト動画

オールブラックスが最強であり続ける理由

2018.09.14

ハカ(ラグビーNZ代表)について解説!なぜ試合前に踊る?

2018.09.16