NZ代表オールブラックス、2018年11月の代表スコッド(日本戦含)発表!

NZ代表オールブラックス

ラグビーNZ代表、2018年11月代表メンバーを発表!

NZラグビー協会は2018年10月〜11月の北半球遠征に向けたNZ代表選手32名を発表した。

選ばれた32名の選手の総キャップは1,061(平均33)、平均年齢は26才。

キャプテンは引き続きNo.8キアラン・リード、怪我で実戦から遠ざかっていたHOデイン・コールズ、PRネポ・ラウララが復帰する。

ノンキャップはFLダルトン・パパリイ(ブルーズ、21才、193cm/113kg)1名のみの布陣となった。

NZでは海外でプレーする選手は代表に招集しないものの、今季パナソニックでプレーするFLマット・トッドは来季クルセイダーズでプレーすることが決まっているため例外的にスコッドに入った。

同ポジションのサム・ケイン、シャノン・フリゼル、ジョーダン・タウフアが怪我をしていることも背景にありそうだ。

NZ代表オールブラックスの遠征スケジュールは以下の通り。

NZ代表2018年秋のテストマッチ
・10/27土 vオーストラリア代表(横浜)
・11/3土 v日本代表(調布)
・11/11日 vイングランド代表(トゥイッケナム)
・11/18日 vアイルランド代表(ダブリン)
・11/24土 vイタリア代表(ローマ)
 →11月各国ラグビー代表戦の試合日程

日本滞在中、選手はW杯を想定して、W杯本番と同じホテルやグラウンドを利用する。

今回は32名のスコッドに加えて、主に日本代表戦でプレーする「wider squad(ワイダースコッド) 」19名も発表された。

正スコッド32名の選手は10月27日のオーストラリア戦でプレー、その内22名の主力組は11月11日のイングランド戦の準備のためオーストラリア戦直後にイングランドへ飛ぶ。

11月3日の日本代表戦では19名の「wider squad」が主にプレーする。

日本のファンとしては複雑だが、wider squadのメンバーも2019年ワールドカップでの代表入りを目指して必死。

日本代表としては接戦に持ち込み、少ないチャンスをものにして勝利を掴みたい。

ラグビーNZ代表スコッド(2018年秋)FW18名

  名前 所属 身長体重 cap
 PR  オーウェン・フランクス Cru 185/118 103
ジョー・ムーディー Cru 188/112  36
ネポ・ラウララ Chi 184/116 13
カール・トゥイヌクアフェ Chi 185/135 9
オファ・トゥウンガファシ Blu 195/129  22
HO  コーディー・テイラー Cru 183/111  38
ネイサン・ハリス Chi 186/106  18
デイン・コールズ Hur 184/108  56
LO  サム・ホワイトロック Cru 203/120  105
スコット・バレット Cru 198/116  14
ブロディー・レタリック Chi 204/121  71
パトリック・トゥイプロトゥ Blu 198/120 19
FL/8  ヴァエア・フィフィタ Hur 196/111 7
アーディー・サヴェア Hur 188/102  31
ダルトン・パパリイ Blu 193/113
リーアム・スクワイア Hig 196/113  20
マット・トッド Cru 185/105 14
キアラン・リード Cru 193/110 114

ラグビーNZ代表スコッド(2018年秋)BK14名

  名前 所属 身長体重 cap
SH  TJ・ペレナラ Hur 184/94 51
テトイロア・タフリオランギ Chi 174/85 1
アーロン・スミス Hig 169/83  79
SO  ボーデン・バレット Hur 187/92  69
ダミアン・マッケンジー Chi 175/81  19
リッチー・モウンガ Cru 176/86  4
CTB  ソニー=ビル・ウィリアムズ Blu 194/108  49
ライアン・クロッティ Cru 181/96  41
アントン・レイナートブラウン Chi 185/96  30
ジャック・グッドヒュー Cru 187/100  5
WTB
FB
ワイサケ・ナホロ Hig 186/96  24
リーコ・イオアネ Blu 189/102  20
ベン・スミス Hig 186/91  73
ジョーディー・バレット Hur 196/96 7

※Cru=クルセイダーズ、Hig=ハイランダーズ、Hur=ハリケーンズ、Chi=チーフス、Blu=ブルーズ。

NZ代表Wider Squad19名(日本代表戦)

  名前 所属 身長体重 cap
PR  ティレル・ロマックス Hig 192/127  – 
リューベン・オニール Tar 181/110 – 
ティム・ペリー Cru 191/118 5
アンガス・タアヴォオ Chi 194/124 1
HO  アサフォ・アウムア Hur 177/108
リーアム・コルトマン Hig 185/109 3
LO ルーク・ロマノ Cru 199/120 31 
FL/8 ジャクソン・ヘモポ Hig  195/112  2
ガレス・エヴァンス Hur 190/105  – 
ディロン・ハント Hig 189/103  – 
ルーク・ホワイトロック Hig  190/104  6
SH ミッチェル・ドラモンド Cru 180/86 – 
ブリン・ホール Cru 183/93  – 
SO ブレット・キャメロン Cru 171/83
CTB ンガニ・ラウマペ Hur 177/103 8
マット・プロクター Hur 180/90  – 
WTB
FB
ネヘ・ミルナースカッダー Hur 180/90  12
ジョージ・ブリッジ Cru 185/95  – 
デイヴィッド・ハヴィリ Cru 184/95 3

オールブラックスが最強であり続ける理由

2018.09.14

ハカ(NZ代表オールブラックス)について解説!なぜラグビーの試合前に踊る?

2018.09.16