ラグビーワールドカップの歴史と大会概要、2019年日本大会の大会方式

エリスカップ

ラグビーワールドカップの歴史と大会概要

ラグビーの世界最強国を決めるラグビーワールドカップは1987年にNZとオーストラリアの共催で第1回大会が開催され、以後サッカーW杯と夏季オリンピックの間の年に4年に1回の頻度で行われている。

第9回大会は2019年に日本で開催、これはラグビーの強豪国以外の国では初、アジアでは初めてとなる大会でラグビーがよりグローバルに展開され世界的な競技人口と人気の増加が期待されている。

ラグビーワールドカップはTV視聴者数が一大会で累計40億人を超えるビックイベント。

サッカーW杯の250億人には及ばないもののオリンピックに匹敵する数字で「世界3大スポーツ大会」の一つとして世界的に大きな注目を集めている。

2019年日本大会は約1ヶ月半にわたり全国12会場で48試合行われる。

これは2002年日韓共催サッカーW杯の1ヶ月、国内10会場、32試合と比べても大きな規模で、大会期間中は世界中から試合観戦を目的に40万人以上の観光客が日本を訪れ、経済効果は4,000億円以上が見込まれている。

ここでは自国で開催されるラグビーワールドカップをより楽しむために、これまでのW杯優勝国や日本代表の成績、2019年日本大会の概要などをまとめてみた。

ラグビーW杯歴代開催国と優勝国

大会 開催年 主開催地 優勝国(決勝スコア)
第1回 1987 NZ・豪 NZ 29-9 フランス
第2回 1991 イングランド 12-6 イングランド
第3回 1995 南ア 南ア 15-12 NZ
第4回 1999 ウェールズ 35-12 フランス
第5回 2003 イングランド 20-17 豪
第6回 2007 フランス 南ア 15-6 イングランド
第7回 2011 NZ NZ 8-7 フランス
第8回 2015 イングランド NZ 34-17 豪
第9回 2019 日本
第10回 2023 フランス

優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を獲得したのは、NZが最多の3回、オーストラリアと南アフリカが2回、イングランドが1回。

NZ代表「オールブラックス」は日本大会でW杯3連覇を目指す。(なぜNZは強いのか?

ラグビー日本代表のW杯での全結果

ラグビーワールドカップ
大会 対戦相手とスコア
第1回 日本 18-21 ○アメリカ
日本 7-60 ○イングランド
日本 23-42 ○オーストラリア
第2回 日本 9-47 ○スコットランド
日本 16-32 ○アイルランド
日本 52-8 ジンバブエ
第3回 日本 10-57 ○ウェールズ
日本 28-50 ○アイルランド
日本 17-145 ○NZ
第4回 日本 9-43 ○サモア
日本 15-64 ○ウェールズ
日本 12-33 ○アルゼンチン
第5回 日本 11-32 ○スコットランド
日本 29-51 ○フランス
日本 13-41 ○フィジー
日本 26-39 ○アメリカ
第6回 日本 3-91 ○オーストラリア
日本 31-35 ○フィジー
日本 18-72 ○ウェールズ
△日本 12-12 △カナダ
第7回 日本 21-47 ○フランス
日本 7-83 ○NZ
日本 18-31 ○トンガ
△日本 23-23 △カナダ
第8回 日本 34-32 南アフリカ
日本 10-45 ○スコットランド
日本 26-5 サモア
日本 28-18 アメリカ
第9回 日本 vs ロシア

日本代表は第1回大会から8回大会まで全て出場し、全大会の成績は28試合で4勝22敗2分、全て予選敗退で決勝トーナメントへ進出したことはない。

第1回大会からの試合結果を見ると、第8回イングランド大会の初戦で優勝2回の南アフリカに勝利したことが「スポーツ史上最大の番狂わせ(ジャイアントキリング)」と世界的に大きく報道された理由が分かる。

ラグビーW杯2019年日本大会の大会概要

ラグビーワールドカップ

2019年日本大会は9月20日の日本代表vsロシア代表(味スタ)で開幕、11月2日の決勝戦(日産)で幕を閉じる。

出場国は前回の2015年大会で各プール3位以上の12ヶ国と、地域予選などを勝ち抜いた8ヶ国の合計20ヶ国、48試合全てが日本国内で行われる。

W杯の公式ソング「World In Union(ワールド・イン・ユニオン)」は、いきものがかりの吉岡聖恵氏が歌うことが決定している(詳細)。

予選プール組み分け

プールA プールB プールC プールD
アイルランド(2) NZ(1) イングランド(4)  オーストラリア(5) 
スコットランド(7)  南アフリカ(6)  フランス(8)  ウェールズ(3)
日本(11) イタリア(14) アルゼンチン(10) ジョージア(13) 
ロシア(19) ナミビア(23) アメリカ(15) フィジー(9)
サモア(16) 敗者復活 トンガ(12) ウルグアイ(18)

※()の数字は世界ランキング

予選では各プール総当たりで4試合行い、勝点で上位2チームの計8チームが決勝トーナメントへ進む。

勝点は勝ち4点、引き分け2点、4トライ以上とると1点、負けても7点差以内の場合1点。勝点が同じ場合は、直接対決>得失点差>トライ差数により順位が決定。

ラグビーW杯の開催地と試合会場及び、日程の詳細は「全試合日程と試合会場、対戦組み合わせ」にて。

また、W杯のチケット一般販売もすでにスタートしている。

ラグビーW杯チケットの価格や購入方法などは「W杯チケット価格や買い方のまとめ」をご参照。

ラグビーW杯が開幕するのは2019年9月だが、その前にもトップリーグ、大学ラグビー、スーパーラグビー「サンウルブズ」の試合が行われる。

また日本代表は2018年秋に、世界選抜、NZ代表、イングランド代表、ロシア代表との試合が組まれており、日本では世界選抜戦(@花園)NZ代表戦(@味スタ)が行われる。

W杯効果もあり、日本代表だけでなくその他のカテゴリーにおいても白熱した戦いが期待できるので、ぜひ一度グラウンドへ足を運びラグビー観戦をオススメしたい。

ラグビーW杯2019日本大会「全48試合の日程と試合会場、対戦組み合わせ」

2017.11.02

ラグビーW杯日本大会「チケット」価格と購入方法

2017.11.02