ラグビー日本代表浅原拓真(東芝)が車の下敷きに→リーチらが救助

浅原拓真

ラグビー日本代表浅原が車の下敷きに→リーチが救助

身長179cm、体重113kgの体を鍛えたラガーマンが車に轢かれたものの軽傷で済んで、さらにチームメイトが車を持ち上げて救出。

これだけ聞くと「さすがラグビー選手!」で終わりそうだが、W杯まで1年を切り、さらに日本代表合宿を前に「何やってんだ!」という残念なニュースにもなった。

TBSによると、トップリーグ「東芝ブレイブルーパス」の浅原拓真が23日(日)午前2時30分頃、府中駅近くの路上で酒に酔って寝ていたところ、車に轢かれ下敷きになったという。

運転手がすぐに気づいて110番、さらにその場にいたチームメイトのリーチマイケルらが車を持ち上げて浅原を救助し、幸いなことに軽傷で済んだ。

当たりどころや運が悪ければ選手生命をも奪う大怪我を負っていただろう。

東芝は22日(土)に秩父宮ラグビー場でコカ・コーラと対戦、浅原も先発し前半17分にトライを取るなど活躍、29-14での勝利に貢献した。

チームが勝利し、その勢いで「乾杯!」となったようだが、浅原は24日(月)から始まる日本代表の合宿にも招集されていた(結果不参加に)。

翌日から代表合宿が始まるというのに、夜遅くまで泥酔するほど酒を飲むのは明らかに自己管理能力に欠けている。

その状態で合宿に参加しても初日からベストパフォーマンスで練習できたのだろうか?

同じく府中では昨年12月にサントリーのジョージ・スミスが酔っ払ってタクシー運転手への暴行容疑で逮捕(不起訴、チームは契約解除)。

来年W杯での活躍が期待される日本代表アマナキ・レレィ・マフィは7月にチームメイトへの暴行容疑で逮捕され、保釈されたものの未だに練習や試合には参加できていない。

日本で開催されるラグビーワールドカップを来年に控え、メディアにも取り上げられる機会が増えてきた。

この盛り上がりに水を差すようなことがないよう、グラウンド外での行動にも、これまで以上に規律を求めたい。

浅原拓真選手が車にひかれ、下敷きになった直後の写真

9/22 東芝vsコカ・コーラ(浅原のトライは1:03〜)

ラグビー日本代表、ひかれた仲間を救助

「トップリーグ2018」全試合日程と結果速報・最新順位

2018.04.19

ラグビーW杯日本大会「チケット」価格と購入方法

2017.11.02