ラグビートンガ代表、サモア、フィジーのウォークライ(ハカ)

ウォークライ

ラグビートンガ代表、サモア、フィジーのウォークライ

ハカ(オールブラックス)の歴史と種類」にて、ラグビーNZ代表のウォークライ(War Cry)「ハカ」をご紹介したが、トンガ、サモア、フィジーにもそれぞれウォークライ(War Danceとも言う)がある。

トンガ代表のウォークライは「シピタウ(Sipi Tau)」、サモア代表は「シヴァタウ(Siva Tau)」、フィジー代表は「シビ(Cibi)」と呼び、オールブラックスと同じく、テストマッチの前に踊りを披露する。

この3ヶ国で構成する合同チーム「パシフィックアイランダーズ」でも同様にウォークライが行われる。

なお、トンガ、サモア、フィジーは2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップにも出場、サモアは日本と同じプールAで10月5日(土)に豊田スタジアムで両国が対戦する。(W杯試合日程

パシフィックアイランダーの3ヶ国にNZを加えた4ヶ国のチームが対戦するときは、両チームがウォークライを行うため、試合前の踊りの対決も注目されている。

ここでは、各国のウォークライとウォークライ合戦の動画を集めてみた。

トンガ代表「シピタウ(Sipi Tau)」

サモア代表「シヴァタウ(Siva Tau)」

フィジー代表「シビ(Cibi)」

ウォークライ(ハカ)合戦

トンガ代表シピタウ vs NZ代表カマテ

NZ代表カマテ vs フィジー代表シビ

サモア代表シヴァタウ vs フィジー代表シビ

ハカ(NZ代表オールブラックス)について解説!なぜラグビーの試合前に踊る?

2018.09.16