ラグビーを始める時にオススメのラグビー用品!必要な物は?

ラグビーボール

ラグビーを始める時にオススメのラグビー用品!

過疎化が進む高校ラグビー」では、高校のラグビー部員の人数が減少し2017年には過去最少になったことを紹介した。

一方、小学生などを対象とする「ラグビースクール」では、特に2015年のW杯以降、入部者が増えたという声を多く聞くように。

ラグビーはボール一つあればできるスポーツ。

タッチフット(タックル等のコンタクトプレーのない簡素化したラグビー)であればコンタクトプレーはなく、まるで鬼ごっこをするように誰もが楽しむことができる。

また、ラグビーを通じて礼儀・作法を学ぶだけでなく、心身を鍛え、協調性やコミュニケーション力を高め、相手を敬う「ノーサイドの精神」を理解するなど、少年期の健全な成長を助けるスポーツでもある。

「ラグビースクール 地名」で検索すると、当該地域のラグビースクールが表示されるので、もし「子供がラグビーに興味を持っている」「やんちゃな子供にスポーツをさせたい」といった場合は、練習を見学してみてはいかがだろうか。

どこのラグビースクールも大歓迎してくれるはず。ちなみに年会費は1万円〜1.5万円程度と、他の習い事に比べると格安だ。

そこで、ここではラグビーを始める際にオススメするラグビー用品をご紹介したい。

ラグビーW杯2019公式レプリカボール

日本で開催されるラグビーW杯のロゴが入ったボールで練習すればやる気がUPで上達間違いなし!?まずはこれさあればラグビーができるのでボールをゲット!

↓は小学生用(4号)のラグビーボール

クッション性が高く長持ちするカンタベリーのヘッドキャップ。サイズの選択可能。

練習用としてだけでなく、日本代表戦の時も活躍するジャパンのジャージ。ご家族お揃いでどうぞ!

小物を入れたりスパイクを入れたりと何かと重宝する便利袋。

テーピング

怪我の際、破けたスパイクやバックを補修した時など様々な場面で使えるのがテーピング。

元日本代表、パナソニックでプレーし、現在はワイルドナイツスポーツプロモーションの代表を務める三宅敬氏監修。ラグビー経験のないお父さんにオススメ。

中学・高校生向けのより実践的な上達本は↓の帝京大学岩出雅之監督が監修した本にて。

日本代表を目指すための本格的なラグビー用品

ショルダーガード

特にフランカー、No.8、センターなどタックルをする機会が多い方にオススメ。脱臼などを防ぎ、タックルもよりハードに当たることが可能。

瞬発力や加速力、ステップの鋭さを鍛えるために必須のトレーニング用品。持ち運びできるので庭や公園でも自主練を!

↓ついでにマーカーも!

キッカーを目指す人はマイキックティーでいつでも練習を!

ラグビーW杯2019日本大会「全48試合の日程と試合会場、対戦組み合わせ」

2017.11.02

ラグビーワールドカップ「チケット」価格と購入方法

2017.11.02