スーパーラグビー2018年間ベストフィフティーン。リトルが選出!MVPはマッケンジー

スーパーラグビー2018

スーパーラグビー2018年間ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで2018年度の年間ベストフィフティーン(Team of the Year)が発表された。

日本のサンウルブズからはCTB12マイケル・リトルが選出!

リトルはチーム最多となるディフェンス突破56回、クリーンブレイク22回を記録したことが評価。シーズンを通して大活躍で、サンウルブズの3勝も彼なしでは勝ち取ることができなかった。

リトルはトップチャレンジリーグの三菱重工相模原ダイナボアーズに所属、チームの中心選手として9月から始まるリーグ戦でトップリーグ昇格を目指す。

シーズンMVPには日本でも大人気のSOダミアン・マッケンジーが選出。

ディフェンス突破は全体で1位の74回、得点数は3位の177点、その他ボールキャリーやクリーンブレイクでもランキング上位となるなど司令塔としてチームを率いた。

8月18日から始まるラグビーチャンピオンシップ2019年W杯でもNZ代表のジャージを着たマッケンジーの活躍を見ることができそうだ。

その他ではHOマルコム・マークス、LOブロディー・レタリック、FBイズラエル・フォラウなど各国代表の主力がズラリを名を連ねた。

最年少は22歳のPR3タニエラ・トゥポウ(レッズ)、チーム別ではチーフスから最多の4名が選ばれた。

2018年度スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  スティーヴン・キッツォフ ストーマーズ 
HO  マルコム・マークス ライオンズ 
PR3  タニエラ・トゥポウ レッズ
LO4  ブロディー・レタリック チーフス
LO5  ルード・デヤハー ブルズ 
FL6 パブロ・マテーラ ジャガーズ 
FL7  ジャン=ルック・デュプレア シャークス 
No.8 アキラ・イオアネ ブルーズ 
SH  TJ・ペレナラ ハリケーンズ 
SO ダミアン・マッケンジー チーフス
WTB11 ジョージ・ブリッジ クルセイダーズ
CTB12 マイケル・リトル サンウルブズ
CTB13 アントン・レイナートブラウン チーフス
WTB14 ソロモン・アライマロ チーフス
FB イズラエル・フォラウ ワラターズ

ダミアン・マッケンジー(チーフス&NZ代表)

ラグビーチャンピオンシップ2018(南半球4カ国対抗戦)の試合結果と順位

2018.08.05