ラグビーチャンピオンシップ2018(南半球4カ国対抗戦)の試合結果と順位

NZ代表オールブラックス

ザ・ラグビーチャンピオンシップ2018

ラグビーチャンピオンシップ2018最終順位

順位 チーム名 得失 勝点
優勝 NZ 5 1 +93 25
2 南アフリカ 3 3 +6 15
3 オーストラリア 2 4 -52 9
4 アルゼンチン 2 4 -47 8

※勝点は勝ち4点、引分2点、負け0点、4トライ以上で1点、7点差以内の負けで1点。

ラグビーチャンピオンシップ2018試合結果

日にち 時間 場所 対戦(結果)
8/18土 19:05 シドニー オーストラリア 13-38 ○NZ
8/19日 00:05 ダーバン 南ア 34-21 アルゼンチン
8/25土 16:35 オークランド NZ 40-12 オーストラリア
8/26日 04:10 メンドーサ アルゼンチン 32-19 南ア
9/8土 16:35 ネルソン NZ 46-24 アルゼンチン
19:05 ブリスベン オーストラリア 23-18 南ア
9/15土 16:35 ウェリントン NZ 34-36 ○南ア
19:05 ゴールド・コースト オーストラリア 19-23 ○アルゼンチン
9/30日 00:05 ポートエリザベス 南ア 23-12 オーストラリア
07:40 ブエノスアイレス アルゼンチン 17-35 ○NZ
10/7日 00:05 プレトリア 南ア 30-32 ○NZ
07:40 サルタ アルゼンチン 34-45 ○オーストラリア

※日時は全て日本時間

ザ・ラグビーチャンピオンシップは1996年〜2011年までNZ(オールブラックス)、オーストラリア(ワラビーズ)、南アフリカ(スプリングボクス)の3カ国で「トライネイションズ(Tri Nations)」として開催されていた。

2012年からはアルゼンチン(ロス・プーマス)も加わり「ザ・ラグビーチャンピオンシップ (The Rugby Championship)」という名称に変更、南半球の強豪4カ国にて、ホーム・アンド・アウェー方式で各チーム6試合を戦う。

この4カ国は2015年W杯でベスト4に進出したチームであり世界で最もハイレベルな試合が展開。

NZvsオーストラリア戦は両国の対抗戦「ブレディスローカップ(Bledisloe Cup)」も兼ねて行われる。

4ヶ国の中でもNZが圧倒的に強く、これまで22大会中15大会でNZが優勝。

2018年大会ではホームで南アフリカに敗れたものの、10月7日の最終戦でリベンジし5勝1敗で3連覇を飾った。

なお、今年のブレディスローカップ第3戦は10月27日(土)に日産スタジアムで開催される(10/27NZv豪戦の詳細)。

ザ・ラグビーチャンピオンシップ2018ハイライト動画集!

2018.08.19

オールブラックス(ラグビーNZ代表)の全て!All Blacksが強い理由は?

2018.09.14

ラグビーW杯2019日本大会「全48試合の日程と試合会場、対戦組み合わせ」

2017.11.02