内田啓介とマイケル・リトルが選出!Planet Rugby第17節ベストフィフティーン

内田啓介

Planet Rugbyが選ぶ第17節ベストフィフティーン

Planet Rugbyがスーパーラグビー2018第17節のベストフィフティーンを発表した。

ブルズ(南ア)相手に42-37で勝利したサンウルブズからはSH内田啓介とCTBマイケル・リトルの2名が選出。

内田はラックを起点にアタックにおいてテンポとエナジーを与え、自らもトライをとった事などが評価、リトルはクリーンブレイク3回、ディフェンス突破4回、トライとアシスト1回と力強いプレーが選出理由に。

その他にもHOジャバ・ブレグバゼとSOヘイデン・パーカーも活躍した選手として名前が挙がった。

注目されたNZ勢同士の対戦では、ハイランダーズに45-22で完勝したチーフスから最多の4名が選出。

中でもFBソロモン・アライマロはディフェンス突破10回、クリーンブレイク3回、117メーターで1トライと大活躍。

身長196cm、体重99kgと大柄でまだ22才、速くて強くオフロードが得意な選手。NZ代表のバックスリーは競争が激しいがABs入りも期待されている注目の選手だ。

SR第17節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  カール・ツイヌクアフェ チーフス
HO  フォラウ・ファインガア ブランビーズ
PR3  トーマス・デュトイ シャークス
LO4  グィド・ペティ ジャガーズ
LO5  マット・フィリップ レベルズ
FL6  ルーク・ジェイコブソン チーフス
FL7  フィリップ・ファンデルヴァルト シャークス
No.8  アキラ・イオアネ ブルーズ
SH  内田啓介 サンウルブズ 
SO バーナード・フォーリー ワラターズ
WTB11  アンディー・ミュアヘッド ブランビーズ
CTB12 マイケル・リトル サンウルブズ
CTB13  アントン・レイナートブラウン チーフス 
WTB14  バウティスタ・デルガイ ジャガーズ 
FB  ソロモン・アライマロ チーフス

ソロモン・アライマロ(Solomona Alaimalo)

スーパーラグビー2018最終順位と全試合結果

2018.02.26