スーパーラグビー2018第17節、サンウルブズがブルズに逆転勝利!3勝目を挙げる!

サンウルブズ

スーパーラグビー第17節、サンウルブズ対ブルズ

ウインドウマンス明けの6月30日(土)、サンウルブズはシンガポールでブルズ(南ア)と対戦した。

日本代表の主力組はほとんどがシンガポール遠征不参加、一方ブルズは6月の南ア代表イングランド戦でも活躍したLOスナイマン、SOポラード、CTBクリエルらがスタメンに名を連ねた。

試合は両者打ち合いの展開に。

SOパーカーのトライでサンウルブズが先制!

試合開始直後、サンウルブズはFBファンデンヒーファーがハイパンをキャッチ、CTBリトルのビックゲインから、最後はSOヘイデン・パーカーが左隅に飛び込み先制トライ。

パーカーのコンバージョンも決まりサンウルブズが7-0と先制した。

ラインアウトからSH内田がトライ!

前半17分、サンウルブズはラインアウトからのサインプレーがきれいに決まり、SH内田啓介がトライ、14-0とした。

ここまではベストな展開だったものの、前半22分にFBファンデンヒーファーがキックをチャージされトライを許すと、その5分後にはマイボールラインアウトからのクイックスローが合わず、こぼれたボール相手に奪われトライを献上、同点に追いつかれた。

前半終了間際には空いたスペースをSOボラードに抜かれてトライを許し、サンウルブズは前半を14-21の7点ビハインドで終えた。

後半5分、ファンデンヒーファーがトライ

後半開始直後にブルズはPGを追加しスコアは14-24に。

しかし後半5分、WTBマシレワが内に切り込んできて大きくゲイン、パスを受けたFBファンデンヒーファーがトライを決め21-24と3点差に迫った。

この後、両チーム共に1トライずつ決め、さらにブルズは後半19分にSOポラードがPGを決めスコアは28-34に。

これ以上離されると厳しい状況でトライを決めたのはこの日も活躍が目立ったCTBマイケル・リトルだった。

後半24分リトルがトライ、逆転!

後半24分、サンウルブズは自陣22m付近でFLブリッツが乱れたボールを奪取、右に大きく展開しWTBマシレワが大きくゲイン、さらにFW/BK一体となった攻撃で前進し、最後はFLウォーレンボスアヤコからパスを受けたCTBリトルがトライ。

パーカーのキックも決まりサンウルブズは35-34と逆転した。

しかしその6分後に、ブルズSOポラードが再びPGを決め35-37と再度リードを許した。

後半34分ウォーレンボスアヤコがトライ!再逆転!

残り時間も僅かとなった後半34分、サンウルブズは敵陣22m付近のラインアウトで徳永がボールをキャッチ、ラインに展開しFLウォーレンボスアヤコがアタックし、逆転のトライ!

サンウルブズはその後もボールをキープしてこのまま逃げ切り、見事ブルズ相手に42-37で勝利した。

前半にミスからトライを奪われるなど嫌な流れになりかけたものの、選手は最後まで集中力を切らさずプレー、途中から入ったSH田中史、FLウォーレンボスアヤコの活躍もあり暑いシンガボールでの接戦を制した。

サンウルブズの残りの2試合は来週からのオーストラリアでの2連戦。プレーオフには進出できないものの、勝ちにこだわり勢いこのままで4勝、5勝と期待したい。

スーパーラグビー2018最終順位と全試合結果

2018.02.26