6/23日本vsジョージア@豊田の試合結果。日本代表が28-0で完封勝利!

ラグビー日本代表

6/23日本代表vsジョージア代表戦の試合結果

2018年6月23日(土)、日本代表は6月テストマッチの最終戦、ジョージア戦を愛知県の豊田スタジアムで迎えた。

日本の世界ランキングは11位、一方ジョージアは12位でこれまで何度も僅差の勝負を繰り返してきた相手。

FWが大きく強いジョージア相手に日本がスクラムやモールでどう対応するか、また日本のスーパーラグビー「サンウルブズ」でも活躍するジョージア代表HOジャバ・ブレグヴァゼとのサンウブルズ対決にも注目が集まった。

前半、日本はPGで得点を重ね9-0とリードして折り返し

14時45分、大雨の豊田スタジアムで試合開始のホイッスルが鳴った。

日本は前半4分にSO田村優のPGで3-0と先制、その後もジョージアFLコレリシヴィリの危険なタックルによるシンビン(一時退場)などもあり、試合を優位に進めた。

ジョージアの攻めは単調で反則も多く、懸念されてスクラムも一方的に押されることはなく安定。

しかし、前半だけで田村がPGを3本も失敗するなど、試合の主導権は握っているもののスコアには反映されず、ロースコアで試合は進んだ。

前半最後に日本代表はペナルティにてチャンスを得ると、キッカーをFB野口竜司に変更、野口はキックを成功させ日本は前半を9-0とリードして折り返した。

後半、日本代表はトライを量産、ジョージアを突き放す!

後半8分、日本代表は敵陣ゴール前のスクラムから展開し、CTBラファエレがゲイン、直前に真壁伸弥から代わってプレーしていたLOヴィンピー・ファンデルヴァルトがラックからピック&ゴーでボールを持ち出してそのままトライ。

日本は16-0とリードを広げた。

後半11分、WTBレメキがDF5人をかわしてトライ!

ヴィンピーのトライから3分後、SO田村優からの大きな飛ばしパスを受けたWTBレメキロマノラヴァが個人技で相手DFをかわしてトライ、23-0と大きくリードした。

姫野もトライをとって日本が28-0で完勝!

後半27分、地元名古屋出身で現在はトヨタ自動車でプレーするNo.8姫野和樹が田村のグラバーキック(ゴロのキック)をチェイスし、転がったボールを抑えてトライ。

日本代表は28-0として勝負を決定づけた。

この後、何度かジョージアに攻め入られたものの、姫野のジャッカルなど粘り強いDFや、モールでのアタックも防いでジョージア代表にスコアを許さず、このまま逃げ切って28-0で勝利。

これにて日本代表は6月テストマッチをイタリア戦1勝1敗、最後のジョージア戦を完封勝利という素晴らしい形で締めくくり、2勝1敗で勝ち越した。

日本代表vsジョージア代表戦(@豊田)の日本代表選手採点と評価

2018.06.23