スーパーラグビー2018第15節ベストフィフティーン!マフィが選出!

スーパーラグビー

スーパーラグビー第15節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第15節のベストフィフティーンが発表された。

サンウルブズを40-13で下したレベルズ(豪)から日本代表のアマナキ・レレィ・マフィが選出。

マフィは第15節全チーム最多の20キャリー、ディフェンス突破4回、116メーターを記録、守ってもタックルを11回全て成功させた。

マフィは6月の日本代表スコッドにも選ばれており、日本のファンにもパワフルなプレーを見せてくれそうだ。

MVPはジャガーズのWTBラミロ・モヤノ。

モヤノは13キャリーでクリーンブレイク6回、120メーター、トライアシスト1回に自らハットトリックの大活躍でチームの6連勝に大きく貢献した。

その他ではLOレタリック、FLサヴェア、CTBレイナートブラウンのNZ代表組も選ばれた。

6月はテストマッチ月間のため、南アカンファレンスは第15節で、豪とNZカンファレンスは第16節を終えると中断期間に入る。

第15節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ウィルコ・ロウ ストーマーズ
HO  コーネ・フーリー ライオンズ
PR3  セコペ・ケプ ワラターズ
LO4  ブロディー・レタリック チーフス
LO5  ローレンス・エラスマス ライオンズ
FL6 ルーロフ・スミット ブルズ
FL7  アーディー・サヴェア ハリケーンズ
No.8 アマナキ・レレィ・マフィ レベルズ
SH  ジョー・パウエル ブランビーズ
SO ニコラス・サンチェス ジャガーズ
WTB11 ラミロ・モヤノ ジャガーズ
CTB12 チャーリー・ナタイ チーフス
CTB13 アントン・レイナートブラウン チーフス
WTB14 トニ・プル チーフス
FB トム・バンクス ブランビーズ

第15節TRY OF THE WEEK

第15節PLAY OF THE WEEK

スーパーラグビー2018最終順位と全試合結果

2018.02.26