スーパーラグビー2018第14節ベストフィフティーン!ハッティングが選出!

グラント・ハッティング

スーパーラグビー第14節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第14節のベストフィフティーンが発表された。

ストーマーズに26-23で勝利したサンウルブズからはLO5グラント・ハッティングが2週連続で選ばれた。

ハッティングは8キャリーで20メーター、1トライ、ラインアウトではスティール1回含めボールを6回獲得したことなどが評価。

セットプレーだけでなく運動量も豊富でチームでの存在感は抜群、近く日本代表の資格を得るとされ早ければ今秋に桜のジャージ姿を見ることができそうだ。

MVPはハリケーンズのSOボーデン・バリット。17キャリー、ディフェンス突破4回、オフロード2回、1トライをとり、6本ゴールを全て成功させチームの10連勝に貢献した。

先日発表された6月のNZ代表スコッドに選ばれた選手では、バリットの他にWTBリーコ・イオアネ(ブルーズ)も選出された。

注目したいのはFL7マルコス・クレメール(ジャガーズ)。

身長196cm、体重115kgの大型選手でまだ20才と若いが、アルゼンチン代表キャップを12保有。将来のアルゼンチンラグビーを担う選手として期待されている。

第14節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  トレヴァー・ニャカネ ブルズ
HO  アッカー・ファンデルメルヴァ シャークス
PR3  タニエラ・トゥポウ レッズ
LO4  グラント・ハッティング サンウルブズ
LO5  サム・ラウシ ハリケーンズ
FL6 ルーク・ジェイコブソン チーフス
FL7  マルコス・クレメール ジャガーズ
No.8 ブレイド・トムソン ハリケーンズ
SH  ゴンサロ・ベルタノウ ジャガーズ
SO ボーデン・バリット ハリケーンズ
WTB11 ベン・ラム ハリケーンズ
CTB12 ヘロニモ・デラフエンテ ジャガーズ
CTB13 カーティス・ロナ ワラターズ
WTB14 リーコ・イオアネ ブルーズ
FB イズラエル・フォラウ ワラターズ

第14節TRY OF THE WEEK

マルコス・クレメール(Marcos Kremer)

スーパーラグビー2018最終順位と全試合結果

2018.02.26