日本代表のW杯開幕戦の相手がルーマニアから「ロシア」に変更

ラグビーロシア代表

日本代表のW杯開幕戦の相手が「ロシア」に

ラグビーワールドカップの出場国が正式に決定された後に「覆る」という前代未聞の事象が発生した。

事の発端は2018年3月18日に行われたW杯欧州予選の最終戦、ベルギー代表vsスペイン代表戦。

スペインはこの試合に勝利すれば暫定1位のルーマニアを逆転しワールドカップ日本大会への出場を決める事ができたが、格下のベルギー相手に10-18でまさかの敗戦。

この結果、欧州予選の最終順位はルーマニアが1位となり、W杯出場を決め日本と同じプールAに入ることが決まった。

しかし、このベルギーvsスペイン戦では以下のようなことが問題に。

  • 試合を担当したレフリーがルーマニア人だった
  • レフリーがベルギー寄りのジャッジをした
  • 自チームに対し不利なジャッジに激怒したスペイン選手が試合後にレフリーにつめ寄った
  • 試合・大会を管轄する「ラグビーヨーロッパ」の会長がルーマニア人だった

これらの経緯があり、試合後スペイン側は再試合を要求。

ラグビーヨーロッパは、審判に暴行・暴言を吐いたスペイン代表の5選手については14週〜43週間の出場停止処分を決め、その他の点についてはワールドラグビーの独立した委員会の決定に委ねられる事に。

W杯日本大会にはロシアが繰り上がって出場

別途設けられたワールドラグビーの紛争委員会にてベルギー代表vsスペイン代表の再試合は行わないことが決定。

これとは別に、ベルギー、スペイン、ルーマニアの3ヶ国が代表資格のない選手をW杯欧州予選に出場させていた事が判明。

そして、代表資格のない選手を出場させた試合については勝点5ptを減額することが発表された。

この結果スペインは-40pt、ベルギーとルーマニアは-30ptとなり、欧州予選3位のロシアが1位ルーマニア、2位スペインを抜いて1位となり、W杯へ出場する事に。

併せてワールドラグビーは欧州予選、試合出場資格に関する規定の遵守、マッチオフィシャルの任命についても見直すことを発表。

ロシアにとっては「棚から牡丹餅」で、2回目のW杯出場を決めた。

後味の悪い欧州予選となったが、日本代表にとっては重要な開幕戦の相手がロシアに決定、初戦で勢いをつけて次のアイルランド戦に挑むためにも完勝してスタートを切りたい。

ラグビーW杯2019日本大会「全48試合の日程と試合会場、対戦組み合わせ」

2017.11.02

ラグビーワールドカップ「チケット」価格と購入方法

2017.11.02